USANEWS

576件中の 466件 〜 470件 を表示しています。
2011/09/07
『UFCカード情報、クレイ・グイダ vs ベン・ヘンダーソンUFC on FOXで対戦決定』

ソース:
http://mmaweekly.com/ben-henderson-vs-clay-guida-agreed-to-face-off-at-ufc-on-fox
リンク先より一部抜粋。

記事によると、11月12日に行なわれるUFC on FOX 1にてクレイ・グイダとベン・ヘンダーソンの対戦が決定したと報じられています。カードはMMAWeekly.comが正式に確認をとっているようです。ヘビーのタイトル戦に続き、ライト級のトップクラスの対戦となります。
2011/09/07
『※ビッグファイト※アリスターオーブレイム vs ブロックレスナー、12月30日にラスベガスで決定』

ソース:
http://latimesblogs.latimes.com/sports_blog/2011/09/brock-lesnar-vs-alistair-overeem-ufc.html
リンク先より一部抜粋。

『ブロッグ・レズナーは12月の5R制イベントでUFCに帰ってきます。
12月30日のラスベガスMGMグランドで、新しく契約した元ストライクフォースヘビー級チャンピオンのアリスターオーフレイムと対戦します。

"ブロックはビッグネームで危険な男だ。そしてこれは夢の対戦だ。"オーフレイムはロレンツォフェティータのオフィスでUFCとの通常契約の契約書に署名した直後、火曜日にLAタイムズ紙に語った。"ブロックは大きいし、彼のテイクダウンと共にエキサイティングなレスラーだ。"

"俺はこの戦いを自分で見てみたい。俺はまったく違うファイターだ、ストライカーで、素早くて、でかい。これは同じコースで二つの大きなトラックが衝突するような戦いになるだろう。" 』

※動画は短いですがオーブレイムがUFCのオフィスで実際にサインしている動画になります。

2011/09/07
『海外サイトでのUFC日本大会の取り上げられ方』

ソース:
http://www.mmafighting.com/2011/09/06/ufc-to-return-to-japan-in-february-2012/

http://mmajunkie.com/news/25098/ufc-returning-to-japan-announces-feb-26-event-at-saitama-super-arena.mma

http://www.sherdog.com/news/news/UFC-Returns-to-Japan-in-February-2012-35348

MMAjunkie,Sherdog,mmafightingなど各サイトで念願の日本開催が報道されています!内容はざっと見るからにほぼ日本のyahooニュースで出ている情報と変わらなさそうなんですが、やはりこのダナのVTR中心の報道のされ方です。

※ダナのコメント
『ようやくUFCを再び日本で開催できることになりました。本当にうれしく思います。開催決定までには長い時間がかかりました。日本で前回開催されたUFCイベントは私も会場に足を運んだ2000年12月のUFC29です。パートナーと共にUFCを買収するまさに数週間前のイベントでした。それから10年以上、ようやく日出ずる国でのUFC開催を再開する機が熟したわけです。

 その10年の間にUFCはまさに国際的なスポーツ団体に成長しました。今では文字通り、世界中の格闘家が、米国、カナダ、ブラジル、英国、アイルランド、欧州、中東、オーストラリアで開催されるイベントに参戦しています。

 ここ数年、秋山成勲や五味隆典、岡見勇信といった日本のスターたちは北米、南米、欧州のメジャーイベントでヘッドライナーを務めてきました。UFCに参戦する彼らのような日本の格闘家にも、そろそろ母国のファンの前で戦うチャンスが与えられていい頃です。

 日本は柔術や空手、柔道といったスタイルを生み出すという形で、伝統的な格闘技のみならず、総合格闘技(MMA)にも多大な貢献をしてきました。その日本で10年前に開催されたMMAのビッグイベントを観戦できた私は幸運でしたし、その経験で日本のファンがどれだけ情熱的か知っています。

 MMAのビッグネームの中にはランペイジ・ジャクソンやダン・ヘンダーソン、ミノタウロ・ノゲイラのように日本の総合格闘技ファンの前で最初に名を上げたメンバーもいます。今度のイベントにも世界最高レベルの格闘家を連れていくつもりです。

 日本ではこれまで、今の形のUFCを生で観戦するチャンスがありませんでした。そのチャンスをようやくファンの皆さんに提供できることをこの上なくうれしく思います。それでは2012年にお会いしましょう。』

続報があったらぜひ載せたいと思います!!
2011/09/06
『UFC135、ジョシュコスチェックがディエゴサンチェスの代わりにマットヒューズ戦に出場か? その2』

ソース:
http://www.mixedmartialarts.com/news/349460/Koscheck-offered-to-Hughes-in-place-of-Sanchez-Kos-to-Hughes-You-man-enough/
リンク先より一部抜粋

ジョシュ・コシュチェックがUSA Todayのショートインタビューでマットヒューズ戦を挑発を交えさらにアピールしています。
※以下コシュチェックコメント

『彼はビッグネームファイターとの戦いを望んでる。
彼のキャリアは終わりに近づいている。俺は彼はこの試合を受けると思っている、なぜならその方がこのスポーツにとってもUFCにとっても良い事だからね。
俺はビッグネームファイターだ、そうつまり彼は俺を選ぶ事ができるしうまく事は運ぶと思う。俺は直訴してるよ。俺は代役で出場できるとUFCに伝えている。もしマットヒューズが男だったら試合を受けるんだろうが、
まぁ彼は実際やる男だよ。
彼は俺と戦うよ。俺は彼が俺の挑戦を受けると思っている。』
2011/09/06
『UFC134続報:各選手のファイトマネー』

ソース:
http://www.tatame.com.br/2011/09/05/UFC-Rio--Minotauro-fatura-o-maior-cheque-do-UFC-Rio
リンク先より一部抜粋

ブラジルのMMA情報サイトtatameが出しいてる各選手のファイトマネーになります。やっぱりノゲイラが圧倒的に高い(笑。

『★アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ:50万ドル(勝利ボーナス15万ドル、ノックアウト・オブ・ザ・ナイト10万ドル込み)
★アンデウソン・シウバ: 20万ドル
★マウリシオ・ショーグン: 15万ドル
★フォレスト・グリフィン: 12万5000ドル
★エジソン・バルボーザ: 11万2000ドル (勝利ボーナス6000ドル、ファイト・オブ・ザ・ナイト10万ドル込み)
★ロス・ピアソン: 10万8000ドル(ファイト・オブ・ザ・ナイト10万ドル込み)
★パウロ・チアゴ:3万6000ドル(勝利ボーナス1万8000ドル込み)
★ハファエル・アスンソン: 3万6000ドル(勝利ボーナス1万8000ドル込み)
★チアゴ・タバレス: 3万ドル(勝利ボーナス1万5000ドル込み)
★スペンサー・フィッシャー: 2万6000ドル
★岡見勇信: 2万3000ドル
★ルイス・カーニ: 1万9000ドル
★ダン・ミラー: 1万5000ドル
★ホジマール・パリャーレス(トキーニョ): 1万4000ドル(勝利ボーナス7000ドル込み)
★スタニラフ・ネドコフ: 1万2000ドル(勝利ボーナス6000ドル込み)
★エリック・シウバ: 1万2000ドル(勝利ボーナス6000ドル込み)
★ユーリ・アルカンタラ: 1万2000ドル(勝利ボーナス6000ドル込み)
★イーブス・ジャボウィン: 1万2000ドル(勝利ボーナス6000ドル込み)
★ブレンダン・シャウブ: 1万ドル
★デビッド・ミッチェル: 6000ドル
★ジョニー・エドゥアウド: 6000ドル
★ルイス・ラモス: 6000ドル
★イアン・ラブランド: 6000ドル』

前ページ次ページ123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293|94|9596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116