USANEWS

576件中の 421件 〜 425件 を表示しています。
2011/09/24
『ポール・デイリー、UFCに復帰したいとコメント』

ソース:
http://mmaweekly.com/paul-daley-wants-to-return-to-the-ufc-hoping-to-right-past-wrongs-in-montreal
リンク先より一部抜粋

記事によると、2010年5月8日のUFCカナダ大会のジョシュ・コシュチェック戦以来、UFCから離脱しているポール・デイリーですが。(原因は試合後ポール・デイリー自身が起こしたアクシデントによるもの)mmaweekly.comのインタビューに将来的にUFC復帰を狙っている事を、コメントしています。
以下ポール・デイリーコメント

(10月21日に行なわれるカナダのMMA大会で元UFCファイター、ルイージ・フィオラバンティと対戦する事に関して)
『俺はカナダにまた戻ってこれる事、そしてこの前の試合(コシュチェック戦)で作った過ちを払拭できる事を楽しみにしている。"ルイージはタフな男だが、俺は今集中しているし、試合への準備は万端だ。俺は彼をスットプする。俺の今のゴールはUFCに復帰する事だ。俺自分がベストだと知っている。そして、同じ事を思っているやつらと戦って自分がベストかどうか試していきたいと思っている。』


BAMMAシリーズなどヨーロッパで頑張っているデイリー、復帰するかどうかは様々な意見があるかと思いますが。この選手の一番ダメな部分の計量をキチンとできない所は痛すぎると思います。キャラやファイトスタイルは申し分無いのに、そういうだらしないはもったいないと感じますが、その部分をダナがどう見ているかが今後の鍵だと思われます。まぁ結局はヨーロッパで良いパフォーマンスを見せ、商売になればダナはどんな形でも引っぱってくるとは思いますがどうなるでしょうか。
2011/09/24
『※UFC135(ジョーンズ vs ランペイジ)特集※前日計量』

ソース:
http://www.youtube.com/watch?v=pUV4yaQUhAU&feature=player_embedded

写真ギャラリー:
http://mmajunkie.com/news/25374/ufc-135-jones-vs-rampage-weigh-in-photos-an-mmajunkie-com-image-gallery.mma


ジョーンズ vs ランペイジが盛り上がる事は今回は言わずもがなといった感じですが。少し気になったのは五味選手とネイトの身長差、背が高い相手とあまり相性が良くなそうな五味選手。心配をぶっ飛ばす試合を期待したいですが今日の夜はどんな試合を見せてくれるでしょうか。写真ギャラリーでは水垣選手も今回大分気合い入ってそうなので、日本人選手の奮闘を期待したいです。
我らが五味選手の勝利を祈ります!!



2011/09/23
『PRIDEポスター vs UFCポスター』

ソース:
その1:
http://www.mixedmartialarts.com/news/353509/UFC-posters-vs-Pride-posters/

その2:
http://middleeasy.com/index.php?option=com_content&view=article&id=2433

リンク先より一部引用

できれば実際URLの記事に行って見て頂きたいんですが。記事の中では過去のPRIDEポスター作品とUFCポスター作品の見比べをしています。アメリカのサイトが今だにPRIDEを取り上げていてくれる事自体が嬉しい事なんですが。記事では懐かしのポスター作品がたくさん見れます。
※その1のサイトではPRIDEポスター vs UFCポスターがテーマで両者の比較
その2では過去のPRIDEポスターをランキングで紹介しています。
その1の記事の最後の締めの文ではPRIDEポスターを讃えて、

『UFCがプライドを買収した際に、UFCはポスターの著作権を得た。もし可能だったのであれば彼等は日本のグラフィックアーティストを一人か二人連れていけば良かったのに....。』

と書かれていました。
個人的にこれにはグッとくるものがあり、PRIDEはポスターだけを取っても素晴らしい興行だったのだと改めてしみじみ思ってしまいました。

2011/09/23
『※UFC135(ジョーンズ vs ランペイジ)特集※ジョン・ジョーンズ、インタビュー』

ソース:
http://www.mixedmartialarts.com/news/353497/Jones-I-never-asked-to-be-called-the-future/
リンク先から一部抜粋

UFC135記者会見場でのジョン・ジョーンズのインタビューになります。

ジョン・ジョーンズ
『★俺は自分のチーム内で下の立場でいようとする事でさらにもっと自分自身を、そしてこのゲーム(MMA)を追求する事を学んでいきたいと思っている。

(ジョン自身に良い意味でも悪い意味でも様々な形容詞が付く事に関して)
★俺は自分の事を"新世代の王者"と呼んで欲しいなんて頼んでいない。やれどの名前で呼んで欲しいなんて頼んだことはないんだ。みんな俺に色々な形容詞を押し付けてくるが、俺はただありのままの自分でいるだけだ。批判的な人々は、今俺の事を生意気だの傲慢だのと色々言うが、実際俺のキャリアの中での批判には感謝をしている。

(戦うまでのトラッシュトークに関して)
★俺は全ての取り沙汰された事を払拭させようとしている。みんながイライラする必要もなくなるよ。トラッシュトークをしている期間、どんなに俺が悪いやつに見えていたってそんな評価は全て無くなる。"スパイ問題"に関して、報道された時は迷惑だった。今にいたっては「まぁ、だからどうしたよ笑」といった感じだが。"手の怪我の問題"に関しても、当初みんなは俺が汚い真似してると思っていた。でも今になれば長くそんな話題も聞いていないし、全て収まったんだろう。トラッシュトークの問題はそれだけの事だ。
俺はただ"戦う"だけだよ。つまり、戦うためにここへ来たんだ。』


トラッシュトークに付き合わないジョン・ジョーンズはやはり怖いくらい冷静ですね。自信があるからまったく動じないのでしょう。この未来のMr.UFCになる逸材はランペイジ戦でどんな試合を見せてくれるのでしょうか。
2011/09/23
『Da Da 5000』

ソース:
http://middleeasy.com/index.php?option=com_content&view=article&id=5933:kimbo-slice-vs-dada-5000-will-go-down-january-12th-2012-yes-you-read-that-right&catid=34:organizations
リンク先より一部引用

『Da Da 5000』
皆様はこの名前ご存知でしょうか?
私はニュース探しをしていて見つけた名前なんですが。この『Da Da 5000』実はアメリカのファイターの名前でして、最近アメリカ国内で結構有名になっているらしくyoutubeから火がついた元ストリートファイターらしいです。
何か情報だけだとどこかキンボ・スライスを連想させるファイターと思えるのですが、それもそのはず彼はキンボと同じフロリダ出身で、youtubeで話題になった後MMAの世界へ進出というまったく同じ経緯を辿っている正真正銘のキンボ2世といえる選手らしいです。

そして、なんとその両者のキンボ・スライスとDa Da 5000が2012年1月12日のラスベガスMGMグランドでMMAルールで対戦するそうです。まさしく新旧ストリートファイター対決となり、現在WFOというアメリカのローカルMMA団体のヘビー級チャンピオンのDa Da 5000のタイトルにキンボが挑戦という形で対戦は実現するそうです。
ボクシング挑戦でもうMMAは引退かと思われたキンボですが、後輩と戦うためにMMAに復帰するようです(笑。

※動画はDa Da 5000の試合ですが中々のクレイジーな雰囲気を持ったファイターみたいなので、今後ブレイクするかもしれません(笑。余談としてDreamは本物志向の運営が手詰まりならこういうキャラの濃そうな選手を連れてきてやっていくのは不可能なんでしょうか?ミノワマン vs キンボ、ミノワマン vs Da Da 5000なんて結構個人的にはアリだと思うのですが......。

前ページ次ページ123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384|85|8687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116