USANEWS

576件中の 381件 〜 385件 を表示しています。
2011/10/10
『※UFC136続報(エドガー vs メイナードpt3)※試合後の勝利者サイドコメント集』

ソース:
http://www.sherdog.com/news/news/Edgar-Keeps-Lightweight-Title-in-Dazzling-Come-From-Behind-Win-36289
リンク先から一部抜粋

試合後の各選手のコメントになります。

『フランク・エドガー:
前回の試合でも第1ラウンドは彼にやられた。なんでかは俺にもわからないよ。きっとエキサイティングな試合にしたかったからじゃないかな...。まぁ分からないね(笑。俺は右のパンチを当てた、彼が利いてるのがわかったので彼を仕留めにいった。
同じ相手と三度戦うというのは簡単じゃない。グレイは俺のベストを引き出してくれた、だから彼や彼のチームには感謝しなければならない。

ジョゼ・アルド:
良いゲーム展開だった。彼は非常に戦略的で、スマートで経験豊富なファイターだ。僕は前に出て自分のゲームにもって行く必要があった。次の試合はみんなにもっと良い試合を見せたいね。

チェール・ソネン:
アンデウソン・シウバ、お前は本当にクソ野郎だ。スーパーボウル・ウィークエンドに史上最大のリマッチをしようじゃないか。良く聞け、シウバ。賭けをしよう。俺がお前に勝ったらこの階級から出て行け。お前が俺に勝ったら俺はUFCには永遠に出ない

ナム・ファン:
前回のガルシア戦は勝ったと思ってる。僕はフィニッシュできるようベストを尽くした。でもレオナルドは本当にタフガイだ。フィニッシュするのは本当に難しい。もう彼との試合は終わりにしたいが、UFCが望むなら闘うよ

ジョー・ローゾン
気分は最高だよ。僕達はメルヴィンのスタンドを警戒してたから本当にハードな練習をして前に出た。僕はギロチンに行きたかったんだけど、バックが取れたのでチョークに入りました。』
2011/10/10
『※UFC136続報(エドガー vs メイナードpt3)※ダナ・ホワイトコメントその1』

ソース:
http://mmajunkie.com/news/25607/frankie-edgars-next-move-unclear-but-ufc-boss-favors-meeting-with-jose-aldo.mma
リンク先一部抜粋

ダナ・ホワイトのUFC136大会後記者会見の一部です。ジョゼ・アルドとフランクエドガーについてコメントしています。
※以下ダナ・ホワイトコメント

『正直な所、私はエドガーがフェザーに落としてアルドと戦うのを見てみたい。エドガーが今まで戦ってきたファイターは全て彼よりはるかに大きな相手だ。私は選手の適正体重外のファイトは健全ではないと思っている。それは長期的に見て健康的ではない。私はファイターが適正体重から外れ、上の階級の人間と戦い、ダメージを受けるのは他のファイターが持つ長期的な健康は保てないと思っている。ファイターが自分の適正体重で戦う場合は、そういった自分より大きな人間と戦った場合の代償は払わなくて済む。
私は彼をフェザーに誘導するつもりはない、だが本音を言えば"君はライト級にはいれない"という事だ。では、ライト級の全ての人間を倒すつもりなのか?これは彼とするべきタフな議論だ。
選手が試合に出て、第1ラウンドの中で得たダメージほど悪いけがをしている事を、過去10年で私たちが見たファイト、もしくはあなたが一生のうちで見てきたファイトの中で思い出して欲しい。
そんな(ありえない打ち合いをする事)事は映画の中の話だ、そんな事はリアルな生活の中では起こりえない。そんな事をやってきたのはアルツロ・ガッティとフランク・エドガーだけだ。
だが、彼が前回と今夜で成し遂げた事は驚くべき事だ。彼は信じられないアスリートだし、彼はこの部屋程の勇敢な心を持っている。』

エドガーがどんな選択をするかわかりませんが、もしライトに留まるなら、おそらくベン・ヘンダーソン vs クレイ・グイダの勝者とタイトル戦、フェザーに落とすならアルドと二階級戦と予想されているようです。
2011/10/09
『ダナ・ホワイトがフランク・エドガーについてコメント』

ソース:
http://www.mixedmartialarts.com/news/356761/Dana-White-Frankie-Edgar-is-the-2-p4p-in-the-world/
リンク先一部抜粋

短いコメントですがダナ・ホワイトが今夜のフランク・エドガーを絶賛しています。

『他の誰がなんと考えようが私は気にしない、フランクがNo.2だ。(パウンドフォーパウンドのランキングでアンデウソンがNo.1でこの試合でエドガーが2位にランクしたという意味)』
2011/10/09
『UFC136特集(エドガー vs メイナードpt3)の各賞』

ソース:
http://mmajunkie.com/news/25601/ufc-136-bonuses-edgar-lauzon-phan-and-garcia-earn-75000-awards.mma
リンク先より一部抜粋

UFC136特集(エドガー vs メイナードpt3)で選ばれた各賞。
★"Knockout of the Night"(KO賞)
フランク・エドガー
★"Submission of the Night"(サブミッション賞)
ジョー・ローゾン
★"Fight of the Night" (ベストバウト賞)
ナム・ファン vs. レオナルド・ガルシア


上記の4選手に7万5000ドルのボーナスが支払われたそうです。
2011/10/09
『※UFC136特集(エドガー vs メイナードpt3)※試合結果』

ソース:
http://mmajunkie.com/news/25575/ufc-136-play-by-play-and-live-results.mma
リンク先より一部抜粋

メイン カード

○フランク・エドガー vs ×グレイ・メイナード-TKO - Round 4, 3:54
○ジョゼ・アルド vs ×ケニー・フロリアン-フルマーク判定(49-46, 49-46, 49-46)
○チェール・ソネン vs ×ブライアン・スタン(肩固め) - Round 2, 3:51
○ジョー・ローゾン vs ×メルビン・ギラード(リアネイキッドチョーク) - Round 1, 0:47
○ナム・ファン vs ×レオナルド・ガルシア-フルマーク判定(29-28, 29-28, 29-28)

予備カードその1

○デミアン・マイア vs ×ジョルジュ・サンチアゴ-フルマーク判定(30-27, 30-27, 30-27)
○アンソニー・ペティス vs ×ジェレミー・ステファン-スプリット判定(29-28, 28-29, 29-28)

予備カードその2(FACE BOOKにて無料配信カード)

○Stipe Miocic vs ×ジョーイ・ベルトラン-フルマーク判定(29-28, 30-27, 29-28)
○ダレン・エルキンズ vs ×ヂャン・ティェカン-フルマーク判定(30-27, 30-26, 30-27)
○アーロン・シンプソン vs ×エリック・シェーファー-フルマーク判定(30-27, 30-27, 30-27)
○マイク・マッセンジオ vs ×スティーブ・キャントウェル-フルマーク判定(29-28, 30-27, 29-28)

軽量級がクローズアップされた今大会もフランキー・エドガーの劇的KO勝利で幕を閉じました。エドガーのタフネスは半端じゃないですね。個人的にはメイナードの圧勝と予想していましたが、体格差を跳ね返したエドガーは真の王者って感じがしました。その他にもギラードのまさかの敗北や、チェール・ソネンの勝利マイクパフォーマンスなど見所の多い大会でした。さて次回は神の階級ウェルター級が主役のUFC137(GSP vs コンディット)。今大会もFanexpoをやったりかなり力を入れた大会でしたが、次はホームラスベガス大会という事でこの大会もかなり力の入った大会になりそうです。
前ページ次ページ12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758596061626364656667686970717273747576|77|78798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116