USANEWS

576件中の 326件 〜 330件 を表示しています。
2011/10/30
『※UFC137(BJペン vs ディアズ)続報※ミルコ・クロコップ引退へ』

ソース:
http://www.mmafighting.com/2011/10/29/ufc-137-roy-nelson-ends-the-career-of-mirko-cro-cop/
リンク先より一部抜粋

ロイ・ネルソン戦に負けたミルコ・クロコップが試合後引退を口にしていましたが、短くですが改めてコメントしています。
※以下ミルココメント
『私はこの試合をやる前からこの試合が自分の最後になるだろうと感じていた。』

日本のファンに縁の深いミルコですから、このまま引退とは言わず、ピストンさんの言われる通り日本でキャリアを終えて欲しいです。
2011/10/30
『※UFC137(BJペン vs ディアズ)続報※ダナ・ホワイト、ニック・ディアズの次戦について言及』

ソース:
http://mmaweekly.com/nick-diaz-gets-the-next-shot-at-gsp-carlos-condit-steps-aside
リンク先より一部抜粋

mmaweekly.comによる、UFC137試合後記者会見のダナ・ホワイトの記事なんですが。ダナがニックの次戦について言及しています。

※以下ダナコメント
『私は2004年からGSPを知っている。彼はこれまで私が会った中で最もナイスガイの一人だ。だが今日ニックがリングにいた時のGSPの態度は真逆だった。ニックにはモチベーションが必要だが彼はそれを手にした。彼はGSPと闘う。カーロス・コンディットはそのことに同意してくれた。我々はスーパーボウル・ウィークエンド(2月4日)にこの対戦が実現することを望んでいる。』

※以下ニック・ディアス
『ほらな。俺がタイトル戦をやるべきなんだよ。俺があいつとやる最有力のクールな挑戦者(バッドガイ)であるべきなんだよ。』


※以下GSPがダナを通じてコメント
『僕は誰も見たことがないような仕打ちを彼に与えてやる。』


ダナもニックのパフォーマンスにかなり満足しているようですね。コンディットがかなり可哀想ですが、興行面を考えたら仕方が無い所もありますね。
2011/10/30
『※UFC137(BJペン vs ディアズ)※の各賞』

ソース:
http://mmajunkie.com/news/25848/ufc-137-bonuses.mma
リンク先より一部抜粋

UFC137(BJペン vs ディアズ)で選ばれた各賞。
★"Knockout of the Night"(KO賞)
バート・パラジェンスキー
★"Submission of the Night"(サブミッション賞)
ドナルド・セラーニ
★"Fight of the Night" (ベストバウト賞)
ニック・ディアス vs. B.J.ペン

上記の4選手に7万5000ドルのボーナスが支払われたそうです。
2011/10/30
『※UFC137(BJペン vs ディアズ)特集※試合結果』

ソース:
http://mmajunkie.com/news/25845/ufc-137-play-by-play-and-live-results.mma
リンク先より一部抜粋

メイン カード

○ニック・ディアス vs ×B.J.ペン-フルマーク判定-(29-28, 29-27, 29-28)
○シーク・コンゴ vs ×マット・ミトリオン-フルマーク判定(30-27, 30-28, 29-28)
○ロイ・ネルソン vs ×ミルコ・クロコップ-TKO(パンチ)- Round 3, 1:30
○スコット・ヨルゲンセン vs ×ジェフ・カラン-フルマーク判定 (29-28, 29-28, 30-27)
○日沖発 vs ×ジョージ・ループ-スプリット判定(29-28, 28-29, 29-28)

予備カードその1

○デニス・シヴァー vs ×ドナルド・セラーニ-(リアネイキッドチョーク)-Round 1, 2:22
○バート・パラジェンスキー vs ×タイソン・グリフィン-(パンチ)- Round 1, 2:45

予備カードその2(FACE BOOKにて無料配信カード)

○ブランドン・ヴェラ vs ×エリオット・マーシャル-フルマーク判定(29-28, 29-28, 29-28)
○ラムジー・ニジェム vs ×ダニー・ダウンズ-フルマーク判定(30-25, 30-26, 30-27)
○アーロン・シンプソン vs ×エリック・シェーファー-フルマーク判定(30-27, 30-27, 30-27)
○フランシス・カーモン vs ×クリス・カモージー-フルマーク判定(30-26, 30-27, 30-27)
○クリフォード・スタークス vs ×ジャスティン・ジャコビー-フルマーク判定(30-27, 30-27, 30-27)

個人的に予想が外れてしまった今大会はニック・ディアズの圧勝で幕を閉じました。時間の都合でとりあえずメインのみ急いでみましたが、日沖選手はピストンさんのブログの様子だとあまりできが良くなさそうです(泣。BJとミルコが引退を表明したそうなので、急いでその続報も載せたいと思います!!
では!!
2011/10/29
『日本大会情報、ラスベガス大会が無くなり日本大会一本化へ!』

ソース:
http://www.mmafighting.com/2011/10/28/ufc-japan-to-be-a-ppv-event-double-header-plans-abandoned/
リンク先より一部抜粋

mmafighting.comの記事によると、当初予定していたラスベガスと日本大会のダブルヘッダー計画は放棄されて、日本大会の単独ペイパビュー大会になるとmmafighting.comのデイブ・メルツァー氏が記事を書いています。
記事ではスポンサーは電通になり、チケットは11月下旬に発売とも書いていたので、全て事前にピストンさんのブログで紹介した通りになっています!!
アメリカのサイトでも同じ事を言っているので、近くUFCの正式な発表もあるのではないでしょうか?もしくは、例の日本で行なわれるダナの日本会見で正式発表があるのでしょうか??
いずれにしろ、一本化なら一本化に超した事はないので続報を待ちたいと思います!!
前ページ次ページ1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465|66|676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116