USANEWS

576件中の 296件 〜 300件 を表示しています。
2011/11/03
『TUFファイターの試験資格』

ソース:
http://www.mixedmartialarts.com/news/361764/TUF-15-tryouts-for-lightweights--welterweights125-in-Vegas/
リンク先より一部抜粋

ラスベガスで12月5日に“The Ultimate Fighter”15th seasonのオープントライアウトを開催するらしく。ファイターの応募条件がアップされていたので取り上げたいと思います。以外と実際どんなものか個人的には今まで気にも留めなかったので、また一つ勉強になりました。

『応募条件:(今回はライト級とウェルター級)
1. 21歳以上であること。
2. 155ポンド若しくは170ポンドのファイターであること。
3. 少なくともプロとして3勝を上げている事、全ての記録はSherdog.comとMixedMartialArts.comで検証され、確認の取れないものはカウントしない事とする。
4. 12月1日までにに書類申請が完璧に終了している事』

今やNFLやNBA、MLBに外国からトライアウトをしにくるのは当たり前の事になっているので、今後MMAでもUFCにわざわざトライアウトを受けにいくファイターなど増えてくるのではないでしょうか。
実際、NBAを目指してトライアウトに来ていた日本の方などにお会いした事もあるので、選手生命の短いスポーツ選手ですから、そんな選択も今後ありうるのかな?と思ってしまいます。
2011/11/03
『チェール・ソネン、次戦について語る』

ソース:
http://www.youtube.com/watch?v=SKIoRJSw-nk&feature=player_embedded
リンク先より一部抜粋

mmamania.comの記事で、チェール・ソネンがアンデウソンや次戦について語っています。個人的に気になった部分の抜粋です。

※以下チェール・ソネンコメント

『俺は誰だって戦うよ。俺こそが真のチャンピオンだ、俺は誰とだって戦う。
あいつ(アンデウソン)は詐欺師だよ、真のチャンピオンとあの大馬鹿野郎との違いはそこだ。俺は誰とだって戦う、ネームバリューも気にしないし、戦績も関係ない、大きい試合小さい試合、あの試合もこの試合、なんだって俺は戦う。それだけだ。
ビクトーが俺と戦いたいって?おい、ビクトー関係ねぇぞ。おまえは俺の何の問題でも無い。俺と戦いたいのか?さぁやろうぜ(笑。おまえは俺に挑戦したいんだろ?その挑戦受けてやるよクソ野郎。さぁどう出るビクトー?逃げれないぞ。
おまえは俺がアンデウソン戦しか考えてないと思って挑発したそうだが、間違ってる。俺はおまえを踏み倒すぞ。
俺はダナの手間を取らせるつもりは無い、彼は俺とランチする必要もない、俺にメールを送ってくれればいい。それだけだ。』

なかなかアンデウソン戦が決まらないチェールは正に全方向攻撃で今度はビクトーを挑発してます(笑。さずが一番プロレスらしいマイクをする男です。

2011/11/02
『※UFC138(リーベン vs ムニョス)ポール・テイラー自動車事故でAnthony Njokuani戦を欠場へ』

ソース:
http://www.ufc.com/news/UFC-138-fight-card-updates?njo
リンク先より一部抜粋

UFCの本家サイトからの情報ですが、UFC138(リーベン vs ムニョス)に出場予定だったポール・テイラーが自動車事故で首を負傷してしまったらしく、Anthony Njokuani戦を欠場するそうです。尚このカード自体が消滅となり、穴が空いたメインカードにはAnthony Perosh vs Cyrille Diabateが繰り上がるそうです。

次のUFCの大会といえばUFC138(リーベン vs ムニョス)となりますが、個人的に若干一枚劣るメインかなと思ってしまうのすが、小見川選手も出場しますし、特集していきたいと思います。
2011/11/02
『アンデウソン・シウバ、自身のマネージャーとの仲を語る』

ソース:
http://www.fightersonlymagazine.co.uk/news/viewarticle.php?id=8003
リンク先より一部抜粋

リンク先のfightersonlymagazineからの記事になります。個人的に気になった部分の抜粋です。

※以下アンデウソン・シウバコメント

『残念ながら、僕のマネージャーはアメリカ人でポルトガル語を話すアメリカ人だ。だが僕は生まれついてのブラジル人で、UFCのファイターであるかは関係無く、外国にいる時は自分は国の代表だと認識しているし、僕は誰もがそうするべきだと考えている。
彼のした事は良くなかった、クールじゃなかったし、マネージャーとしてプロフェッショナルな態度が必要だった。僕には何故かは解らなかったが、彼はプロフェッショナルでは無かった。とにかくクールでは無かったという事さ。だが何がベストかはみんな分かっているし、彼も大人で、自分がしたことへの反発に対処することになるだろう。
まぁ第一に僕以外が僕の事を話す事はできないし、次に僕は9INE(マネジメント会社)とスポンサー以外とはどことも契約していない。つまりこの先何が起こったとしてもおかしくはない。
(マネージャー、エド・ソアレスの今後の去就など)』

マネージャーに不信感を抱いているアンデウソンですが、このままマネージャー変更とかになるんでしょうか?

※動画はこのインタビューのものになりますが、ただポルトガル語です...。

2011/11/02
『UFCのゲームでPRIDEルール』

ソース:
http://espn.go.com/espn/thelife/videogames/blog/_/name/thegamer/id/7178813/pride?readmore=fullstory
リンク先より一部抜粋

私はあまりゲームをしないので、ニュースを見て知ったんですが。2012年1月に発売するUFCのゲーム'UFC Undisputed 3'にPRIDEモードという遊び方があるらしく、PRIDEの世界観を再現しているらしいです。ルールもそのモードはサッカーボール・キックや踏み付け、そしてグラウンドでの頭部へのヒザ蹴り攻撃が可能みたいです。

そして、上記のURLにどんな選手が出るか記事になっていたので載せたいと思います。

『ボブ・サップ
ノゲイラ兄
ダン・スバーン
ドン・フライ
ゲーリー・グッドリッジ
ギルバート・アイブル
ヒース・ヒーリング
ケビン・ランデルマン
マーク・ハント
マーク・コールマン
ミルコ・クロコップ
中村和浩
マウリシオ・ショーグン
ランペイジ
ソクジュ
ビクトー・ベウフォート
ヴァンダレ・イシウバ
ニンジャ
パルヴァー
マーカス・アウレリオ
五味
アンデウソン・シルバ
チャック・リデル
ダン・ヘンダーソン
ムリーロ・ブスタマンチ
郷野
カーロス・ニュートン
デニス・カーン
パウロ・フィリオ
フィル・バローニ
ホイス・グレイシー
長南亮
ノゲイラ弟』

ヒョードル、藤田、サク、吉田などは出ていないので、やはり完全にPRIDEの再現とはいってないと思うのですが、このゲームはおもしろいらしいので、一度やってみるのもありかなと思ってます(笑。
前ページ次ページ1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859|60|616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116