USANEWS

576件中の 286件 〜 290件 を表示しています。
2011/11/06
『プロエリート‘Big Guns’(アルロフスキー、シルビア出場)試合結果』

ソース:
http://www.sherdog.com/news/news/ProElite-Big-Guns-Play-by-Play-and-Results-Penn-Arlovski-Sylvia-36939

※シャードックからのデータです※

ヘビー級:○ティム・シルビア vs ×Andreas Kraniotakes-フルマーク判定
ヘビー級:○アンドレイ・アルロフスキー vs ×トラヴィス・フルトン(ハイキック)
ウェルター級:○エヴァン・カッツ vs ×レーガン・ペン-フルマーク判定
ヘビー級:○ライアン・マルティネス vs ×マーク・エリス-フルマーク判定
ヘビー級:○ジェイク・ヒュエン vs ×エド・カーペンター-TKO (パウンド) at 3:17 of round one
ヘビー級:○コーディ・グリフィン vs ×ジェスティン・ライリー-TKO (パウンド) at 0:32 of round three
ヘビー級:○リチャード・オドムス vs ×ロドニー・ホウスリー-フルマーク判定

プロエリートが誇る二大ベテランのシルビア、アルロフが勝って4度目の再戦へ可能性が高まった感じでしょうか....。
2011/11/06
『UFCカード情報、UFC143でカーロス・コンディット vs ジョシュ・コシュチェックが実現か?』

ソース:
http://www.mmamania.com/2011/11/5/2541091/ufc-143-carlos-condit-vs-josh-koscheck-booked-for-feb-4-in-las-vegas#storyjump
リンク先より一部抜粋

mmamania.comの記事によると、ダナ・ホワイトがUFC138の試合後記者会見でラスベガスで行われるUFC143でカーロス・コンディット vs ジョシュ・コシュチェックが対戦カードの候補としてあがっていると発言していたそうです。

またジョシュ・コシュチェックは自身のtwitterでコメント
『イエス、話して試合をゲットしたぜ(笑。2月4日週末のべガス!俺はそこで戦う!!!!サンキュー、ダナ・ホワイト!!』

これも既定路線っぽいので、両者が怪我なくいけば対戦はあると思います。
2011/11/06
『ベラトールのCEOビヨン・レブニー、青木 vs アルバレスpt2についてコメント』

ソース:
http://mmaweekly.com/bellator-targets-february-for-alvarez-vs-aoki-2
リンク先より一部抜粋

mmaweekly.comの記事になりますが、ビヨン・レブニーが青木 vs アルバレスpt2についてコメントしています。

※以下ビヨン・レブニーコメント
『エディと私はこの2年間ずっとその試合について話をしていた。エディは日本で一本負けしてからずっと「どうすれば青木と戦えるか?」と私に言ってきた。そして今実現可能となった』

青木選手も来年アルバレスととは戦うと言っていたので、この戦いは規定路線になったようです。楽しみかどうかは微妙な所ですが。
2011/11/06
『イギリスの団体BAMMAでネイサン・マーコート vs 吉田善行が決定』

ソース:
http://mmajunkie.com/news/25952/nate-marquardt-vs-yoshiyuki-yoshida-slated-for-bamma-9-in-february.mma
リンク先より一部抜粋

記事では、2月11日に行われるイギリスの団体BAMMAのナンバーシリーズ『BAMMA 9』でネイサン・マーコート vs. 吉田善行が行われる事を報じています。場所はバーミンガムのLGアリーナで行われるそうです。
吉田選手にとってはビッグネームとの対戦チャンスなのでぜひ勝ってUFC復帰へ前進して欲しいです。
2011/11/06
『※UFC138(リーベン vs ムニョス)※試合結果』

ソース:
http://mmajunkie.com/news/25946/ufc-138-play-by-play-and-live-results.mma
リンク先より一部抜粋

UFC138:レーベン vs ムニョス
土曜日(現地時間)、2011年11月5日
LGアリーナ/ バーミンガム、イギリス

Main Card

○マーク・ムニョス vs ×クリス・リーベン-TKO (コーナーストップ) - Round 2, 5:00
○ヘナン・バラオ vs ×ブラッド・ピケット- 一本(リアネイキッドチョーク) - Round 1, 4:09
○チアゴ・アウベス vs ×パピー・アビリー 一本(リアネイキッドチョーク)- Round 1, 3:32
○テリー・エティム vs ×エドワード・ファーロロト 一本(ギロチンチョーク) - Round 1, 0:17
○アンソニー・ペロッシュ vs ×シリル・ディアバテ 一本(リアネイキッドチョーク) - Round 2, 3:09

予備カード(Facebookで無料視聴)

○小見川 道大 vs ×ジェイソン・ヤング-フルマーク判定(29-28, 29-28, 29-28)
○フィルデ・フライド vs ×ロブ・ブロートン-フルマーク判定(29-28, 29-28, 29-28)
○チェ・ミルズ vs ×クリス・コープ-スプリット判定 (28-29, 29-28, 29-28)
○ジョン・マグワイア vs ×ジャスティン・エドワーズ-フルマーク判定(29-28, 30-27, 30-28)


久しぶりのイギリス大会のメインのマーク・ムニョス vs クリス・リーベンはマーク・ムニョスの勝利で幕を閉じました。そして小見川選手もようやくUFC初勝利、ですが個人的になかなか微妙な試合だったので次回に期待したいです。
前ページ次ページ123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657|58|5960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116