USANEWS

576件中の 16件 〜 20件 を表示しています。
2012/02/27
『※UFC日本大会(エドガー vs ヘンダーソン)特集※水垣偉弥、勝利者ボーナスをダナから受けとっていた』

ソース:
http://www.mmaweekly.com/takeya-mizugaki-didnt-get-the-w-but-he-did-get-his-win-bonus-at-ufc-144

ソースはmmaweekly.comからになります。
記事によると、UFC 144でクリス・カリアーゾと対戦し、試合を有利に進めていたにも関わらず不可解な判定負け(3-0)を受けてしまった水垣偉弥選手ですが。ダナから判定は覆りませんが試合後勝利者ボーナスを貰ったそうです。ダナも大会後記者会見ではこの試合のジャッジについて不満を語っていたそうです。
2012/02/27
『※UFC日本大会(エドガー vs ヘンダーソン)特集※ランペイジ・ジャクソン "負けた事には驚いてはいない"』

ソース:
http://mmajunkie.com/news/27592/rampage-jackson-admits-he-expected-ufc-144-loss-but-promises-return.mma

ソースはmmajunkie.comからになります。
日本大会後のmmajunkie.comによるランペイジ・ジャクソンへのインタビューの一部になります。
※以下ジャクソンコメント※

『自分の試合について正直に話すと、今夜負けた事には驚いていないよ。だが必ずカムバックする事を約束する。この試合では俺は減量がまったく上手くいって無かった、だが日本のファンをガッカリさせたく無かったんだ。俺は膝を少し痛めていたし、俺のドクターは試合をするなと言っていた。しかし膝の怪我は手術が必要なほど深刻なものではなかったんだ。でも医者は試合に出場するのは良いアイデアでは無いと言っていたけどね。
俺はとにかく戦うことにしたんだ。』
2012/02/26
『※UFC日本大会(エドガー vs ヘンダーソン)特集※ダナ・ホワイト、ベン・ヘンダーソンの防衛戦はアンソニー・ペティスとの再戦を示唆』

ソース:
http://mmajunkie.com/news/27591/ufc-boss-suggests-ben-hendersons-first-title-defense-will-see-anthony-pettis-rematch.mma

ソースはmmajunkie.comからになります。
記事によると、日本大会後のmmajunkie.comによるインタビューの中でダナ・ホワイトがベン・ヘンダーソン戦の防衛戦についてコメントしています。
※以下ダナ・ホワイトコメント※

『私は彼(アンソニー・ペティス)が挑戦権を得ると思う。だが、私が試合後の夜に次回の防衛戦について話す事が嫌いな事を君達は知っているが、いつも君達は尋ねてくる。事の成り行きはいずれわかるだろう。この問題のサスペンスは君達に残しておこうじゃないか。』
2012/02/26
『※UFC日本大会(エドガー vs ヘンダーソン)特集※各賞の発表』

ソース:
http://mmajunkie.com/news/27580/ufc-144-bonuses-awards.mma

ソースはmmajunkie.comからになり、
UFC日本大会(エドガー vs ヘンダーソン)で選ばれた各賞になります。

★"Knockout of the Night"(KO賞)
アンソニー・ペティス
★"Submission of the Night"(サブミッション賞)
ヴァウアン・リー
★"Fight of the Night" (ベストバウト賞)
ベンソン・ヘンダーソン vs. フランキー・エドガー

上記の4選手に6万5000ドルドルのボーナスが支払われたそうです。
2012/02/26
『※UFC日本大会(エドガー vs ヘンダーソン)特集※試合結果』

メインカード (PPV)
(ライト級タイトルマッチ)
○ベンソン・ヘンダーソン vs ×フランク・エドガー-(判定:3-0/49-46、49-46、48-47)

(211ポンド契約)
○ライアン・ベイダー vs ×クイントン“ランペイジ”ジャクソン-(判定:3-0/30-27、30-27、30-27)

(ヘビー級)
○マーク・ハント vs ×シーク・コンゴ-(1R 2分11秒/TKO)

(ウェルター級)
○ジェイク・シールズ vs ×秋山成勲-(判定:3-0/30-27、30-27、30-27)

(ミドル級)
○ティム・ボーシュ vs ×岡見 勇信-(3R 0分54秒/TKO)

(フェザー級)
○日沖 発 vs ×バート・パラゼウスキー-(判定:30-27、29-28、29-28)

(ライト級)
○アンソニー・ペティス vs ×ジョー・ローゾン-(1R 1分21秒/KO)

プレリミナリーカード (FX)
(ライト級)
○五味 隆典 vs ×光岡 映二-(2R 2分21秒/TKO)

(バンタム級)
○ヴァウアン・リー vs ×山本“KID”徳郁-(1R 4分29秒/腕十字)

(ミドル級)
○福田力 vs ×スティーブ・キャントウェル-(判定:3-0/30-27、30-27、29-28)

(バンタム級)
○クリス・カリアソ vs ×水垣 偉弥-(判定:3-0/29-28、29-28、29-28)

プレリミナリーカード (Facebook)
(フェザー級)
○田村一聖 vs ×ヂャン・ティェカン-(2R 0分32秒/KO)

記念すべき日本大会、続報を載せて行きたいと思います。
とりあえず、昨日載せられなかった公開計量を載せておきます。

前ページ次ページ123|4|56789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116