ブログ




2019年05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新の記事
神戸はちょっと酷い
高島,北野はRIZINに関わるな
高島学とアベマの茶番,「昭和かよ」
堀江圭功は欲しい
総括 MVPは未来,ホベルト,北岡
RIZINの怪進撃
石渡の悲劇
ONEは成功したのか?
侍レニーハート
ワンは中身も薄かった UFCにいけないレベルの世界戦
横浜にRENA

石渡の悲劇
2019年04月17日(水)
石渡ハンクラスのベルト返上したのか・・。堀口との試合でいい選手だなと思ったけど,この決断は男らしい。まだ去就はわからないけど悲劇としかいいようがない。犬のファームとなった修斗とハンクラスは今後もこのように王者になる前に離脱とか,王者返上は出てくると思うな。天井の高さがUFCからいきなりワンに落ちたわけだから,志があるファイターは頂点を目指すのは当たり前。こうなると本当に修斗とパンのベルトの意味すらない。RIZINを地上派格闘技と揶揄するやつらの頂点ってワン(笑)ということが笑える。ベルトとったらUFCならこんな悲劇は起こりはしない。RIZINは後楽園規模の興行をやらないといけないと思う。堀江とかまじまという選手もUFCの目が届いているような選手を活かしてやれる環境を作ってほしいものだ。
Posted at 00:55/ この記事へコメントを書込む

ピストンさん

RIZINから声がかかる王者の石渡 → 返上
RIZINから声がかからない王者 → ONE

この後、扇久保選手が5月6日の防衛戦後に王座返上すれば、この傾向に拍車がかかるかもしれませんね。幹部が決めたONE行きの契約も選手の反乱で早くも崩壊寸前です。これに上位ランカーが続けば、修斗とパンクラスは自滅の道を歩んでいるようなものですね。そもそも選手無視の契約なんて、内部分裂を誘発するだけです。
この情報洪水の時代、選手の中には、ONEの赤字やバーター取引での売上水増しを知っている選手もいると思います。あとは、受け皿が必要ですが、やはりスタジオRIZINみたいなものが必要かと。DEEPのほかに、LDHの今後の動向も気になるところです。
メイウェザーも、「日本はカジノにチャンスがある」と公言しているので、もはや隠すこともありませんが、政治家やカジノに参入したい企業もいるので、スポンサーでも集めて新しい育成の場を作るべきだと思います。
修斗やパンクラスみたいな地味な選手を育成するのではなく、実力とスター性を兼ね備えたスターの育成をしないとカジノの観客も熱狂できません。皮肉なことに、ONEとの奴隷契約をきっかけに修斗・パンクラスが内部崩壊して格闘技界再編の動きもあるかもしれませんね。
2019年04年17日02:53/観戦者

これで扇久保選手は堀口選手との戦いを見据えていることがハッキリしたわけですが、もしufcに行ったとしても何の不満もありません。奴隷契約にペコペコするような奴よりよっぽど男らしいです。
こんな選手が出てくることを期待します。
2019年04年17日11:21/astro

観戦者さん

昔からufcにいける選手はufcを目指し,rizinで使って貰えない選手はワンにいく。
これっていままでの定石なんです。浜崎だってそう。メイなんてライジンが捨てた選手ですよ。修斗とパンと今後,どういうモチベーションで選手を育成し興行していくのか楽しみです。エベレストに望む登山家は美しいですけど,高尾山に昇る登山家はお遊びですから。ワンなんてufcと比べたら高尾山ぐらいですよ。
2019年04年18日00:47/ピストン

astroさん

扇久保もワンにはいかないでしょう・・・。
2019年04年18日00:48/ピストン

|1|
過去の記事
2019年05月(3)
2019年04月(7)
2019年03月(3)
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(2)
2018年11月(2)
2018年10月(4)
2018年09月(1)
2018年08月(2)
2018年07月(2)
2018年06月(6)
2018年05月(2)
2018年04月(1)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(1)
2017年11月(3)
2017年10月(4)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(1)
2017年02月(4)
2017年01月(2)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(1)
2016年09月(1)
2016年08月(1)
2016年07月(4)
2016年06月(1)
2016年05月(3)
2016年04月(5)
2016年03月(3)
2016年02月(3)
2016年01月(6)
2015年12月(4)
2015年11月(6)
2015年10月(6)
2015年09月(3)
2015年08月(1)
2015年07月(2)
2015年05月(1)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2013年10月(2)
2013年09月(3)
2013年04月(1)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(5)
2012年11月(8)
2012年10月(9)
2012年09月(5)
2012年08月(7)
2012年07月(7)
2012年06月(7)
2012年05月(7)
2012年04月(6)
2012年03月(11)
2012年02月(14)
2012年01月(6)
2011年12月(8)
2011年11月(4)
2011年10月(6)
2011年09月(10)
2011年08月(14)
2011年07月(9)
2011年06月(8)
2011年05月(7)
2011年04月(9)
2011年03月(4)
2011年02月(9)
2011年01月(4)
2010年12月(8)
2010年11月(5)
2010年10月(5)
2010年09月(10)
2010年08月(9)
2010年07月(6)
2010年06月(10)
2010年05月(8)
2010年04月(13)
2010年03月(11)
2010年02月(11)
2010年01月(11)
2009年12月(9)
2009年11月(13)
2009年10月(19)
2009年09月(8)
2009年08月(7)
2009年07月(8)
2009年06月(11)
2009年05月(17)
2009年04月(12)
2009年03月(14)
2009年02月(14)
2009年01月(17)
2008年12月(14)
2008年11月(13)
2008年10月(10)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(16)
2008年06月(13)
2008年05月(11)
2008年04月(10)
2008年03月(8)
2008年02月(9)
2008年01月(6)
2007年12月(6)
2007年11月(15)
2007年10月(5)