ブログ




2017年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新の記事
UFC日本大会 ついに決定
お願い
総括
無常
65〜66キロ
堀口,男の中の男だよ
激震 堀口RIZINか・・
UFC JAPANは9月?
とうとうくるのか女子メイン
Grand Prixはフェザー級?
あけましておめでとうございます

『N★A★R★Uさんへの返答』
2009年05月14日(木)
これだけ素晴らしい,熱いレス,ありがとうございます
言いたい事よくはわかります
けどそれは何も国保社長だけの責任ではないと思いますよ
社長就任して僅か数カ月でぶんなげた木下はどうなるんですか?
最初から甘い見通しなら社長なんかやらなければいいんですよ
木下工務店の馬鹿さ加減には呆れます


それと戦国とdreamの勝負付はすでに済んでいると私は思っています。prideの継承はdreamです。戦国はメガ修斗として頑張って欲しいというのが今の感想です

Posted at 00:17/ この記事へコメントを書込む

ピストンさん
更新お疲れ様です。

木下工務店は、不況の波の早かった建設業界だったので致し方ないんじゃないでしょうか!?
見通しが甘いと言われればそうだと思いますが。
下請けにチケット買わせてたという噂もありましたので、色々社内で突き上げを喰らってそうですし。
國保さんのまだ株主だから完全撤退はしてないとの発言には、呆れてしまいましたが(苦笑)
誰が今時、赤字垂れ流しのWVRの二束三文の株を買う人なんかいないでしょうから、単に手放せないだけというのは明らかなのに(苦笑)
それだけにドンキ(安田会長)は尊敬してるんですけど。

戦極のメガ修斗路線も、今回の修斗の盛り上がりを見ると修斗もしくはVTJを上位にもっていったほうが良い気がしますね。
2009年05年15日00:59/ドラきち

ピストンさんおはようございます。

>今回の修斗の盛り上がりを見ると修斗もしくはVTJを上位にもっていったほうが良い

ドラキチさんの意見に同感です。
先日の修斗伝承、熱くなりました。
ゲストでリングに上がった選手たちの豪華さもありましたが、色物なし・重量級なしでも十分盛り上がりました。戦極とどちらがメジャーなイベントなのかと考えさせられてしまいました。
戦極はどういう方向へ進むのか、ビジネスモデルを明確に打ち出さないと企業として立ち行かなくなるのではないかと危惧します。
2009年05年15日08:07/かめだ

更新お疲れ様です。

だいぶん踏み込んだディスカッションですね。
商売や経営は親からの継承よりも独立開業の方が困難なのは確実なので苦労も多いので、戦極もまだ方向性を確立出来ず、手探り経営状態でもいざ仕方ないか?とも思います。
やはり、「DREAM(リアル興行)がライバル」の考えが経営側で吹っ切れていないのでしょう。現に大物選手等を日本に連れてこようとする姿勢が伺えますから。
現在の野球界でもパリーグの人気復活は、イチロー、松坂、ダルなどの実力ある人気選手が活躍し、交流戦を初めて地上波の露出が増えたことだと思います。
修斗伝承の成功も、五味対中蔵・ルミナさん対リオン・石田対廣田の試合が大きな要因の一つと思います。
なんせDREAMと戦極が近づいてくれることを願います。
石田対廣田も面白かったですから。
2009年05年15日11:26/流星

みなさん仰るとおり、この間の修斗伝承は熱、質ともにすばらしかったですよね。
ただ、この伝承Finalは特別な記念大会でしたからここまでのカードが出そろったと思います。
Finalを含む7回の伝承シリーズを見てきましたが、2〜6は普通の修斗の大会でしたから。
ですからやはりメガ修斗的な役割としての戦極のリングも、DREAMとの別路線として必要ではないでしょうか。
今回の石田VS廣田のようにメジャー団体間の潰し合いが盛り上がるのは周知のことですし、DREAMが輝くためにも戦極には頑張ってもらいたいです。
もっとも皆さん仰るように社長の迷走ぶりにはこれ以上付き合えないとは思いますが…
2009年05年15日12:39/盆暮れ

ピストンさん
N★A★R★Uさん

N★A★R★Uさんの前エントリーでのレス、先ほど私も読みました。
私にも真摯で熱い思いが伝わってきました。

私の中でのDREAMの評価ですが、三崎vs秋山裁定から味噌が付いたのが全ての始まりでしょうが、ぱっと思い付くだけ挙げれば、最初にがっかりしたのが、「主催者FEG」だったことがあって、当日放送の場合の生PPV中継の廃止、出しゃばり続ける谷川、PPVの宇野のインチキシード(結果論的には勝ちましたけどね…)などもあって、結果、DREAMの株が落ち、相対的かつ消去法的に戦極に「期待」していたという感じでした。DREAMの場合、最近ではモンスターGP(特にカンセコの賛成は苦笑するほか有りません)の実施もありましたが。

でも、「じゃあ、戦極は、DREAMよりも、イベント運営的に、カード編成的に、試合内容的に、実際のところ優れているのか?」と考えてみた場合、全くそんなことはなく、1年近く見守ってきた結論としては、「これはPRIDEとは全く別のイベントとして捉えるべきものなんだ」というものでした。
実際、戦極だって、訳の分からないカード編成やロード何とかだの、批判はたくさんありましたし。

DREAMの場合は、どうしてもFEG(谷川)の臭いや姿が見え隠れするため、ちょっとしたネガ情報、ネガ事象に過敏に反応してしまう面が強かったのかなと自分の場合思えます。
あと、DREAMを巡って、(PRIDE)ファンとして納得できない色んな出来事の多くは、私の勝手な推測なのですが、FEGというよりも、TBSに原因(局の要求)があるのかなと最近思っています。別にFEGを擁護する気は、更々ないのですが。
もし、そうだとした場合、今の日本のキー局の中で、唯一、ゴールデンタイムでも総合の試合を放送してくれる局だけあって、この点に関しては、何とも悩ましいところがあります。

最近、私の場合、団体というよりも、好きな選手を応援し、好カードを見るというスタンスに変わってきましたね。

長々と、とりとめのない話になってしまいましたが、結論としては、PRIDEは偉大だったということです(笑)

ドラきちさん
この前の修斗、良かったですね!
五味の久し振りのスカ勝ちもあって、テレビの画面からの会場の物凄い熱が伝わってきました。
この前もレスしたことですが、「この際、戦極は修斗と合体しちゃえば良いのに」とさえ、思ってしまいましたよ(笑)
2009年05年15日21:06/ままし

更新お疲れ様です。
>それと戦国とdreamの勝負付はすでに済んでいると私は思っています。prideの継承はdreamです。
ここは個人的に違う意見です。
DREAMは確かにPRIDEの「子供」であるのは間違いないと思います。
UFCに持参金(財産)だけむしり取られて、出戻ってきた「PRIDE」と「ヘロス(谷川とTBS)」が結婚して出来た「子供」が「DREAM」でしょう。つまりDREAMは「ヘロスの子供」でもあります。
「PRIDE」を継承する可能性も「ヘロス」を継承してしまう可能性も、現状では50:50であると思います。「ヘロス」という糞親父の影響が強ければ「PRIDE」とはかけ離れた「ボンクラ息子」になってしまう可能性も大きいとさえ思います。
(FEGはK-1を「K-1(笑)」とか「糞−1」にしてしまいました。カンセコ事件が、これからも続けば、世間的に「DREAM(笑)」になってしまいます。)
真の「継承」は、やはりこの糞親父から「自立」してから、はじめて世界にも認められるのではないかと思います。
(戦極も、今のままでは、継承する資格もありませんが)


2009年05年15日21:18/nettaro

修斗もしくはVTJを戦極の上位に置くというのは、理由としては、
 .瓮ぅ鵐好櫂鵐機爾ドンキで一緒。
◆ヾに戦極でスーパーアリーナクラスの興行は、年2回の開催
 競技性の追及と方向が同じであれば、競技性は修斗のほうが高い。
ぁDREAMVS戦極のマッチメイク、もしく合同イベントは、國保さんが問題なのかわかりませんが、現状だと実現不可能だが、修斗の名の元であれば、可能。

など色々考えての意見です。
なんで、戦極の年2回のスーパーアリーナクラスの興行を2回もしくは1回をVTJとして、DEEAM,戦極含めたスーパーマッチ興行にするのが現実的なのかと思ったりしています。
2009年05年15日22:07/ドラきち

今回のブログと関係ない話で申し訳ありませんが、DREAM公式ブログのほうですが、カミカゼのリンク先から行くとDREAMオフィシャル会員でなくてもコメントできるようになっているんですね!
会員でないと書き込めないと思っている人も多いみたいなんで書かせて頂きました。
2009年05年15日22:22/ドラきち

ピストンさん
戦国は、ずばりPRIDE武士道を承継すべきだったと思います。身の丈に合わず、全てを承継しようとして無理が生じ、DREAMに遅れをとった姿が今の戦国ではないかと思います。
お互いがつぶし合おうとすると格闘技界自体が衰退を招く恐れがあります。それよりも互いが2大団体で行くことを前提に運営することにより得るシナジー効果は必ずあると思います。
野球に例えるなら、誰の目から見ても戦国はパ・リーグです。派手ではないが、隠れた実力派揃いの集団でいいのではないでしょうか?
また、両団体でランキング制を導入し、シーズン中に交流戦を行い、各々のランキングに反映させる。年に1度の大晦日にNo1決定戦等をしたら、2団体が存在する価値が出てくるのではないでしょうか?
かつて、PRIDEがNo1かUFCがNo1かで盛り上がった時期がありました。残念ながら、現状ではそんな話すらでてきません。純粋に「誰が一番強いのか」を論じたあの頃の熱さをもう一度取り戻したいものです。

2009年05年15日22:46/天下一武道会主催者

前ページ次ページ12345678910111213
14151617181920212223242526
27282930313233343536373839
40414243444546474849505152
53545556575859606162636465
66676869707172737475767778
79808182838485868788899091
9293949596979899100101102103104
105106107108109110111112113114115116117
118119120121122123124125126127128129130
131132133134135136137138139140141142143
144145146147148149150151152153154155156
157158159160161162163164165166167168169
170171172173174175176177178179180181182
183184185186187188189190191192193194195
196197198199200201202203204205206207208
209210211212213214215216217218219220221
222223224225226227228229230231232233234
235236237238239240241242243244245246247
248249250251252253254255256257258259260
261262263264265266267268269270271272273
274275276277278279280281282283284285286
287288289290291292293294295296297298299
300301302303304305306307308309310311312
313314315316317318319320321322323324325
326327328329330331332333334335336337338
339340341342343344345346347348349350351
352353354355356357358359360361362363364
365366367368369370371372373374375376377
378379380381382383384385386387388389390
391392393394395396397398399400401402403
404405406407408409410411412413414415416
417418419420421422423424425426427428429
430431432433434435436437438439440441442
443444445446447448449450451452453454455
456457458459460|461|462463464465466467468
469470471472473474475476477478479480481
482483484485486487488489490491492493494
495496497498499500501502503504505506507
508509510511512513514515516517518519520
521522523524525526527528529530531532533
534535536537538539540541542543544545546
547548549550551552553554555556557558559
560561562563564565566567568569570571572
573574575576577578579580581582583584585
586587588589590591592593594595596597598
599600601602603604605606607608609610611
612613614615616617618619620621622623624
625626627628629630631632633634635636637
638639640641642643644645646647648649650
651652653654655656657658659660661662663
664665666667668669670671672673674675676
677678679680681682683684685686687688689
690691692693
過去の記事
2017年04月(4)
2017年03月(1)
2017年02月(4)
2017年01月(2)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(1)
2016年09月(1)
2016年08月(1)
2016年07月(4)
2016年06月(1)
2016年05月(3)
2016年04月(5)
2016年03月(3)
2016年02月(3)
2016年01月(6)
2015年12月(4)
2015年11月(6)
2015年10月(6)
2015年09月(3)
2015年08月(1)
2015年07月(2)
2015年05月(1)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2013年10月(2)
2013年09月(3)
2013年04月(1)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(5)
2012年11月(8)
2012年10月(9)
2012年09月(5)
2012年08月(7)
2012年07月(7)
2012年06月(7)
2012年05月(7)
2012年04月(6)
2012年03月(11)
2012年02月(14)
2012年01月(6)
2011年12月(8)
2011年11月(4)
2011年10月(6)
2011年09月(10)
2011年08月(14)
2011年07月(9)
2011年06月(8)
2011年05月(7)
2011年04月(9)
2011年03月(4)
2011年02月(9)
2011年01月(4)
2010年12月(8)
2010年11月(5)
2010年10月(5)
2010年09月(10)
2010年08月(9)
2010年07月(6)
2010年06月(10)
2010年05月(8)
2010年04月(13)
2010年03月(11)
2010年02月(11)
2010年01月(11)
2009年12月(9)
2009年11月(13)
2009年10月(19)
2009年09月(8)
2009年08月(7)
2009年07月(8)
2009年06月(11)
2009年05月(17)
2009年04月(12)
2009年03月(14)
2009年02月(14)
2009年01月(17)
2008年12月(14)
2008年11月(13)
2008年10月(10)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(16)
2008年06月(13)
2008年05月(11)
2008年04月(10)
2008年03月(8)
2008年02月(9)
2008年01月(6)
2007年12月(6)
2007年11月(15)
2007年10月(5)