ブログ




2017年04月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             

最新の記事
UFC日本大会 ついに決定
お願い
総括
無常
65〜66キロ
堀口,男の中の男だよ
激震 堀口RIZINか・・
UFC JAPANは9月?
とうとうくるのか女子メイン
Grand Prixはフェザー級?
あけましておめでとうございます

『名選手に名曲あり』
2010年06月20日(日)
明日の雷電。これは凄まじい。明日ある事もさっき気づいたけど,よくこんな糞カードで両国でやるよ(笑)これはjcbでも広すぎるよ。マキシモ対ダムとサンドロ対金原以外は皆,トイレカードじゃん・・・
まあ,関係ないからどうでもいいけどさ。

題目の件。五味が戦極でいつもの歌から変えた時期があって,確か北岡戦か,その前か,どっかで定番に戻したんですが,入場の時にその曲がかかった瞬間に会場が湧いたんですよね。やっぱり五味はあのチャーリーなんとかじゃないと駄目。これは美濃輪さんも同じ。あの曲でどんだけ美濃輪さんは助かっているか(笑)

思えば桜庭,ヴァンダレイに代表され,ミルコ,ミノタウロ,ヒョードル,五味,マッハ,青木,川尻,ランペイジ,ミノワマン,皆,代表される曲があって,その曲がかかれば気持ちも踊る。やっぱり,名選手には名曲ありなんですよね

何が言いたいのかと言えば菊野さん。やっぱりさ,あの曲はイカンよ(笑)
私的は『必殺,仕事人』とか合うと思うんだけどなぁ。あの曲と共に後方に高阪師匠を引き連れて入場するだけで,ゾクゾクするんですが・・

Posted at 01:42/ この記事へコメントを書込む

ピストンさん
更新お疲れ様です。

菊野選手で乗れない点を上げろと言われたら、やはり入場曲です(笑)
個人的にも変えて欲しいですね。

SRCはホント完全に選手の為の興行になってしまったのが残念です。
意義はあるけど、派遣村みたいな興行は金を出して観る気がしないです。
パンクラスに統一すればいいのにと思ってしまいます。
2010年06年20日02:43/ドラきち

「名選手に名曲あり」:確かにその通りですね。ミルコが(確か男祭りで)1回変えた時も、入場の時、盛り上がるはずの会場が「唖然・呆然」としてたのは覚えてます。確かクロアチアの名曲だったそうなんですが...。さすがに1回限りで戻しましたけど。

菊野選手
http://blog.livedoor.jp/junksports/archives/51433554.html
かなりこだわりがあるようですね。いい曲だとは思うんですが、入場曲としてはまったくふさわしくないですね、改めて聞いても...。できれば考え直してもらいたいと思います。

ところで本日のSRCですが、ここの方で「会場観戦」か「PPV購入」される方は、どれくらいいるんでしょうねえ?
PPV1000円だったら、考えますが。2カードのために3150円は高すぎるような気がします。




2010年06年20日06:54/nettaro

nettaroさん
どう間違えてもSRCに3150円だして買いません!!
無料放送なら時間つぶしで見るかもしれませんが!?DREAM.もカード次第では??です
でもDREAMは会場で観ますけど・・・・
2010年06年20日17:31/ポリ便最強皇帝

ポリ便最強皇帝さん
>どう間違えてもSRCに3150円だして買いません!!
個人的には、SRC一発目は「大晦日の件に関する抗議」の意味でPPVを購入しませんでした。これからは、SRCもカードが良ければPPV購入しようと思ってますが、2カード以外は「ションベンタイム・カード」では、さすがに...(苦笑)。
SRCのマッチメイク担当者は、かなり総合格闘技を勉強しないとダメですね。
次のDREAMは、久しぶりに「会場観戦」+「PPV購入」しようかと思いましたが、土曜日は仕事なので、「PPV購入」のみになりそうです。


2010年06年20日18:06/nettaro

ピストンさん

更新お疲れ様です。
「名選手に名曲あり」!。名言です。
確かに桜庭、バンダレイの曲がかかった時の盛り上がりはすごいですからね。
「お〜!」って言う。。。
確か田村も一回曲変えて寒い空気が流れた記憶が。。
やっぱり大事ですよね。古くはアントンしかり。
曲が流れるだけで選手のイメージを浮かべられるんですよね。
菊野選手には何が合いますかねー?
仕事人はキャラには合いますね。
変えるなら早くしないとイメージがありますからね。
まあ本人の趣味、気持ちも大事ですけどね。
試合前にそれで気持ちを高めるわけですから。
2010年06年20日19:29/ブルー3

ブルー3さん

入場曲って多分,プロレス文化なんでしょうね。
そう考えるとすべての始まりはマスカラスのスカイハイなんでしょう。ブロディー,ハンセン,猪木,アンドレ
ファンクス,三沢,橋本,皆,いい曲を持っていましたね
2010年06年20日20:35/ピストン

ポリ便最強皇帝さん

金よりも時間の無駄ですね
興味のない試合が多すぎるんです
菊田とか,泉とか,この前の郷野とか,相手がどうでも良すぎるんですよね。
2010年06年20日20:38/ピストン

ドラきちさん

パンクラスか・・
懐かしい名前ですね
ここの団体は私的には格闘技団体として全うな団体
まともな話でがきる団体なんで好きなんですが
2010年06年20日20:40/ピストン

入場曲って本当に大事ですよね。
名前が挙がった選手の入場曲は全てわかりますし、PRIDEの時は煽りV・入場・試合と全てが良くてあれだけの世界を作り出していたわけですからね。
ここ数年プロ野球でも入場曲を使用していますが、格闘家の入場曲を使っている選手が多いですもんね。

菊野選手は確かにあの曲では見ている方は熱くならないというか気持ちが高まるということはないですね。
変えて欲しい気もしますが、仕方ないんですかね。
2010年06年20日23:44/lovelike

名曲と言えば「イノキボンバイエ」でしょう。猪木とロッキー、この二大テーマ曲は、日本人の気持ちを高ぶらせる原点と言っても過言ではないのでしょうか?やはり、戦いの場に即したアグレッシブな曲の方が、選手ばかりではなく、観るものの気持ちも煽られますね。入場曲の意味は、選手の気持ちを高ぶらせるだけではなく、選手と観客を同一化させることにあるのではないかと思います。いまいち、UFCの選手に感情移入できないのは、入場がそっけないせいではないかと思います。
前回のブログでも、知らない選手が多い旨、書き込みましたが、結局PPVを購入してしまいました。
2010年06年21日00:45/天下一武道会主催者

私もついに今回のsrcは見送りました。

名曲ですか。個人的には「山崎和夫(新日)」の曲が好きでした。
2010年06年21日11:04/グーガ

菊野選手の「必殺仕事人」での入場はトリ肌立ちますね!

2010年06年21日11:05/ぐっちょん

ピストンさん

雷電見ました。時間の無駄だったのでPPV録画で興味ある試合以外はチャプターで飛ばしでみましたが、やはりお金の無駄+時間の無駄でした(笑)
両国でやるのにあの会場の空席はないですよ(汗)
この面子でこの会場って、クビにした國保さんのカードと比べるとA級戦犯なみのカードですよね。
仰いますようにサンドロとマキシの2試合以外はトイレカードでした(笑)

谷川が会場観戦していたのですが、やはりFEGの不良債権をドンキマネー目当てで安田会長に媚び売り営業でしょうか?

私も五味の”SCARY”は何時聞いても気持ちが高ぶります!
2010年06年22日05:23/沖縄の跳関

前ページ次ページ12345678910111213
14151617181920212223242526
27282930313233343536373839
40414243444546474849505152
53545556575859606162636465
66676869707172737475767778
79808182838485868788899091
9293949596979899100101102103104
105106107108109110111112113114115116117
118119120121122123124125126127128129130
131132133134135136137138139140141142143
144145146147148149150151152153154155156
157158159160161162163164165166167168169
170171172173174175176177178179180181182
183184185186187188189190191192193194195
196197198199200201202203204205206207208
209210211212213214215216217218219220221
222223224225226227228229230231232233234
235236237238239240241242243244245246247
248249250251252253254255256257258259260
261262263264265266267268269270271272273
274275276277278279280281282283284285286
287288289290291292293294295296297298299
300301302303304305306307308309310311312
313314|315|316317318319320321322323324325
326327328329330331332333334335336337338
339340341342343344345346347348349350351
352353354355356357358359360361362363364
365366367368369370371372373374375376377
378379380381382383384385386387388389390
391392393394395396397398399400401402403
404405406407408409410411412413414415416
417418419420421422423424425426427428429
430431432433434435436437438439440441442
443444445446447448449450451452453454455
456457458459460461462463464465466467468
469470471472473474475476477478479480481
482483484485486487488489490491492493494
495496497498499500501502503504505506507
508509510511512513514515516517518519520
521522523524525526527528529530531532533
534535536537538539540541542543544545546
547548549550551552553554555556557558559
560561562563564565566567568569570571572
573574575576577578579580581582583584585
586587588589590591592593594595596597598
599600601602603604605606607608609610611
612613614615616617618619620621622623624
625626627628629630631632633634635636637
638639640641642643644645646647648649650
651652653654655656657658659660661662663
664665666667668669670671672673674675676
677678679680681682683684685686687688689
690691692693
過去の記事
2017年04月(4)
2017年03月(1)
2017年02月(4)
2017年01月(2)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(1)
2016年09月(1)
2016年08月(1)
2016年07月(4)
2016年06月(1)
2016年05月(3)
2016年04月(5)
2016年03月(3)
2016年02月(3)
2016年01月(6)
2015年12月(4)
2015年11月(6)
2015年10月(6)
2015年09月(3)
2015年08月(1)
2015年07月(2)
2015年05月(1)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2013年10月(2)
2013年09月(3)
2013年04月(1)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(5)
2012年11月(8)
2012年10月(9)
2012年09月(5)
2012年08月(7)
2012年07月(7)
2012年06月(7)
2012年05月(7)
2012年04月(6)
2012年03月(11)
2012年02月(14)
2012年01月(6)
2011年12月(8)
2011年11月(4)
2011年10月(6)
2011年09月(10)
2011年08月(14)
2011年07月(9)
2011年06月(8)
2011年05月(7)
2011年04月(9)
2011年03月(4)
2011年02月(9)
2011年01月(4)
2010年12月(8)
2010年11月(5)
2010年10月(5)
2010年09月(10)
2010年08月(9)
2010年07月(6)
2010年06月(10)
2010年05月(8)
2010年04月(13)
2010年03月(11)
2010年02月(11)
2010年01月(11)
2009年12月(9)
2009年11月(13)
2009年10月(19)
2009年09月(8)
2009年08月(7)
2009年07月(8)
2009年06月(11)
2009年05月(17)
2009年04月(12)
2009年03月(14)
2009年02月(14)
2009年01月(17)
2008年12月(14)
2008年11月(13)
2008年10月(10)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(16)
2008年06月(13)
2008年05月(11)
2008年04月(10)
2008年03月(8)
2008年02月(9)
2008年01月(6)
2007年12月(6)
2007年11月(15)
2007年10月(5)