ブログ




2017年08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新の記事
残り1枠はミルコクロコップ
日本を舐めるな UFC
総括
明日驚愕のサプライズ
内柴しかいない
UFCフライ身売りの嘘
UFC日本大会 ついに決定
お願い
総括
無常
65〜66キロ

『来年のk-1』
2010年11月16日(火)
なんかブログ書く気もなくて放置して置いたんですが,ちょっとアクセスを見たら減っていないし,ありがたいものです。

世界で最も醜い国 中国のなんたらという会社との提携話を聞いた時に,成功はあり得ないと書いたと思うんですが,この時期になっても何の進展もなく,もうプジという馬鹿げた会社との資本話は単なる架空の話であったという事は結論づけても良いと思うんですが,来年のケーワン,一人のファンの予想としてはたぶん,今年中に北方領土が返還される可能性ぐらいに低いと思うな・・
もともとプジの話は無理があったし,まともな社会人なら誰も本気にしなかった話だと思うけどね

ケイワンさんは立ち技で継続するのはどうでもいいけど,総合からは手を引いてほしい。選手に対する未払いで日本の信頼はがた落ちだし,これ以上,関わっていてもプラスには決してならないと思う。

来年からは『やれんのか供戮スタートしてもかつての熱は取り戻せないと思うな・・これが唯一復興の可能性だと思うけど。
もう年に何度かUFCに日本人選手を追っかけてまさしく密航するしか格闘技を見る選択がなくなってきている。そんな感じがしています
Posted at 13:58/ この記事へコメントを書込む

プジだとかフジだとかに縋ってる時点でアホですよね。
K1は中国企業に資金を集めて貰うより、カンフーの達人でも集めて貰った方が手っ取り早いと思います(笑)

岡見のタイトル挑戦は生で見たいですね。
日本人とブラジル人の対戦なので、アメリカよりも日本で開催した方が盛り上がると思うのですが・・・。
2010年11年16日14:44/にんにくん

更新お疲れ様です。
>中国のなんたらという会社との提携話
さんざん引っ張ってきましたが、ここまで進展がないとなると提携が「アルアル詐欺」になってしまったようですね。
>ケイワンさんは立ち技で継続するのはどうでもいいけど,総合からは手を引いてほしい。選手に対する未払いで日本の信頼はがた落ちだし,これ以上,関わっていてもプラスには決してならないと思う。
全くもってその通りですね。「FEGとリアルの契約」がどうなっているのか分かりませんが、もういい加減、泥船に、みんなを引き込むのはやめて欲しいです。



2010年11年16日17:18/nettaro

ピストンさん

更新お待ちしておりました。
数十億の負債を抱えているFEGが全ての元凶で
やっぱりPUJIは架空の話だったのですね。
ギャラ未払いは呆れてしまいます
テレビ第一主義でそのテレビにももうすぐ見捨てられてしまうのでしょう。
やはりチケット&PPVでお金を払っているファンを大事にしていた榊原代表でなければ駄目です。
大晦日のたまアリも今年で最後になってしまうような気がしていますが、その覚悟はできています。
2010年11年16日19:18/レイ

正直自分はなぜにここの皆様がFEGをここまで毛嫌いするのかがよく理解出来ないのですがやれんのか移行の動きとしてFEGと連携なくしてPRIDEの後釜は誕生したんでしょうか?HEROSが名前を変えDREAMになった訳で
HEROSプラス武士道=PRIDEになる訳ないのは皆わかってた思いますし一概にFEGが運営したからDREAMが泥舟になっただけじゃないと思いますけどね
それに今更やれんのかの名称使おうが榊原氏が出てこようが流れは変えられないのが現状でしょう
2003〜2007年の格闘バブルはリーマンバブルの中一般大衆を巻き込んだ流れでおきただけであって2008年9月のリーマンバブル崩壊後これだけ景気が冷え込んできてもともとそんなに格闘技が好きでもない人々が見なくなってしまいスポンサーも見つからないのはFEGやリアルの企業努力だけの問題でもないとは思います。
いい加減現実を考えて発言した方が良い時期じゃないですか?やれんのかだろうがHEROSだろうがDREAMだろうが一般の人から見れば一緒ですよそれは榊原氏が代表になろうが笹原さんがやろうが一緒です今更榊原氏が復活しても何も状況は変わらないですよ
日本はWEC亡き後軽量級に特化して行くしか現状生き残る術がない気がしますWECがUFCに合併され軽量級は今までのような試合数はこなせなくなるでしょう
現状以上にUFCが大会をこなしていくなら別ですが
現状ではこれ以上大会数を増やすのは難しいようですしUFCのおかげで重量級はファイトマネーもかなり高額になってきましたが軽量級はフェイバーもアルドもかなり低いので軽量級でならばまだなんとかなりそうな気もしますが重い階級は現状のまま北米にお任せするしかない気がします。


乱文申し訳ありません
2010年11年16日22:13/kazuuto21

ピストンさん
更新お疲れ様です。

未払いショックが痛いですね。
日本にUFCにないプライオリティを若干でも感じくれていた選手も参加しなくなってしまいましたし…。
2010年11年16日22:33/ドラきち

kazuuto21さん

FEGが何故悪いのか。
簡単に答えましょう。
一つは現代の記事は石井館長が川又を遣わせて書いたという可能性が客観的に濃厚であること。pride崩壊はすべてそこから始まったこと。
2つめは未払いは大半はFEG系選手であること。これはわかりずらいんですが,dreamのギャラの出所は二つあるようで,一つはリアル系,これはもともとpride系のファイター,それとK-1系。未払いの噂は大半がこのFEG系であること。
3つ目は借金で首が回らずもう格闘技を運営していく体力がないにも関わらず運営することによって規模がますます小さくなっていること。選手の手売りまであてにしているので,選手はチケットが売れる選手が優遇されて,本来見たい選手よりもチケットが売れる選手が使われる傾向があること。こんなことはマイナー団体でやっていればいいんであって10万円のチケットを買った人には甚だ迷惑
こういう手腕が駄目にしているんです
ただ,私はリアルにも強いストレスを持っています
2010年11年16日23:47/ピストン

レイさん

大晦日の玉アリはまだ続くと思いますよ
K-1が潰れれば新しい団体ができるだけですよ
K-1という存在,いや,ストレスがなくなればまた,新しい法人が格闘技に参入しやすくなるのも事実でしょうからね
2010年11年16日23:50/ピストン

ピストンさん

お久しぶりです
お待ちしておりました(笑)
次のブログでは是非とも大晦日とその前の仙石のカードの情報をチラッとでもお願いします。
これ以上の放置プレイはもう無理です。
2010年11年17日00:37/レイ

ピストンさん

お答ありがとうございます

一つ目の理由よくわかります
ただあれって館長がやらせたのであえば直接FEGは
関係ないんじゃないんですか?仮に館長-谷川ラインで
共謀したらならばリアルは谷川と組みますかね?

二つ目は大変よくわかりました確かにそのように
思います。

三つ目もよくわかります、しかし現実問題で仮にFEG
が手を引いた場合運営していけますかね?
FEGは引くけどTBSは引かない保障もないでしょうし
これだけスポンサーがつかない状況では誰がやっても
なかなかV字回復は難しい気もしますフジを失って
PRIDEも状況激変しましたDREAMがFEG&TBSも失った
場合今の状況すら維持出来ないと思いますが
それとピストンさんに聞きたいのはやれんのかの名称
と榊原氏が復活したとして何か劇的に変わるでしょうか?自分的にはやれんのか名称復活はそれはそれで
有りだとは思いますが正直一般層から見たら何も
変わらないと思いますし榊原氏復活もしかりです
正直FEG云々というよりは今の日本経済のままでは
日本MMA復活も厳しい気もしますがどうですかね?
ただ現状で駄目だと言ってても何にも解決しないのも
また事実ですが、自分は消滅するくらいなら規模縮小してでも続けてもらいたいですが※K1WGPのように

理想は2004辺りのPRIDEの盛り上がりが良いですが
日本に再度バブルでもない限り難しい気もします。

2010年11年17日02:10/kazuuto21

更新お疲れ様です。

kazuuto21さんの意見も自分が見て見ぬふりをしている核心でもあるのでグサッ!ときます。
一般層が離れた今、榊原復権で長期再興ぐらいしかないですね。
V字回復は、無理でしょうね。

また、前回のK1マックスのつまらないこと・・・「マサトがなんぼのもんじゃいっ!」と思っていましたが功績は大きかったと認めざるをえない状況だと感じました。
2010年11年17日06:58/流星

kazuuto21さん

vがどの辺を指すのかわかりませんが,今を底にする事は可能でしょう。

>館長がやらせたのであえば直接FEGは
関係ないんじゃないんですか?仮に館長-谷川ライン

ルンバちゃんは被害者であり,リアルの笹原さん同様に飾り物にすぎないと思います

>現実問題で仮にFEG
が手を引いた場合運営していけますかね?

今でも手を引いていますよ(笑)fegの経営状態では新たにテレビをつけようと思う会社は皆無でしょう


今、大切のことはコア層,いわゆる,核となるキチガイ達も冷えてしまった事なんです。何でもコアになるファンがいて,それが熱を生み出すんです。そのコア層も破壊させた。この罪は重いです
prideの核となったファンも消えてしまったんです。
来年は少なくてもそのコア層を復活させなければ2〜3年後の発展もないですよ
断言しますよ
fegではコア層は復活しないです
2010年11年17日12:20/ピストン

にんさん

私も岡見のタイトルは生で見たいです
2010年11年17日12:23/ピストン

ピストンさん

電車で行ける距離がベストです(笑)
2010年11年17日13:46/にんにくん

こんなにワクワクしない年末は記憶が無いです。
2010年11年17日15:01/808

アリスターのK-1での無駄遣い、石井のMAX参戦など
DREAMを本気で考えてるとは思いにくいです。
でもFEGだとこれが当たり前なんですよね。
2010年11年17日19:32/むっく

HEORSの質が、格闘技の熱を冷ましたと思います。
K-1&PRIDEの時代は、競い合いながらも、格闘技を盛り上げていたと思います。なんで、FEGはHEROSを作ったのか!!あれがなかったらと感じているのは私だけでしょうか?
2010年11年17日19:50/美味学

fegではコア層は復活しないです

それは僕もそう思います
ただ今の政府と一緒で現状の日本単独では難しいのも
また事実です、結局はどこかで海外の力に頼らなければやっていけないんじゃないでしょうか。

自分の中では2004辺りが頂点2010が底になって欲しいと願いを込めて思ってます。
ただそれもUFC次第でしょうしかし自分はPRIDE同様に
UFCもどこかで綻びがでてくると思っていますけど

HEORSの質が、格闘技の熱を冷ましたと思います。

具体的にどの辺りが熱を冷ましたんですか?
今考えるとHEROSで組んだカードってDREAMと同等もしくはもっとマシなんじゃないですかね?
少なくてもPRIDE崩壊後選手の受け皿はHEROSしかなくHEROSのおかげで試合が出来た選手がいるって言うのも事実でしょ HEROSしか地上波でやっていなかった時期もあり好きか嫌いかじゃなくそういう功績も自分はあると思いますけど
自分はどこの団体でも平等に見てきましたがいい加減なんでもK1やHEROSの責任にするのやめた方がいいんじゃないです?現状の状態を作ったのはFEGかもしれないがそれと熱が冷めたのは違うでしょ少なくてもHEROSを
見てMMA面白いじゃんってノリからPRIDE〜DREAMを見てるファンは少なからずいますよ
FEGが嫌いK1やHEROSが嫌いと言うなら理解出来ますが

HEORSの質が、格闘技の熱を冷ましたと思います
という発言は理解出来ませんだってDREAMは名称変更
しただけで皆さんが思うようにHEROSプラス劣化版武士道でしょう、ならばDREAMも同等のはず
2010年11年17日21:00/kazuuto21

HEROSが熱を冷ましたとまでいうつもりはありませんが、彼らはPRIDE後の格闘技界を担うにはあまりにも力不足で愚かな団体だったと思いますね。当然現DREAMも。
所詮一時の格闘技ブームに乗じ、PRIDEのおこぼれをもらい成立してきた似非格闘技団体。本来なら団体を支える土台となるコア層の獲得には目もくれず、目先の視聴率だけを優先する。偽物のヒーロー達の団体は、PRIDEの地上波撤退後、何故か自分たちもその勢いを落として行きました(笑)

HEROSのみを嫌悪するのは確かにおかしいですが、FEGに怒りの矛先を向けるのってなんら間違ってませんよね?自分はPRIDE消滅後にここまで日本格闘技界が落ち込んだのは、FEGの所為だと思います。
やれんのか!開催の段階では、まだ日本の格闘技ファンは死んでなかったし、DREAM.1の時は、まだ観客に熱があったように思えます。それは多くの人が、DREAMをやれんのか!やPRIDEの延長として捉えていたからかもしれませんが、初期の段階ではそれなりに希望があったのも事実だと思います。
そういう時期に比べてファンが減ったのは、決して興行、選手の質云々の部分だけに問題があるのではなく、FEGが全くファンの方を見ようとしないことに原因があると思います。言いかえれば、お金を直接落としてくれるファンを大切にしないってことでしょうか。
多くのファンはそう言ったことに既に気付いていますよね。
今回のDynamiteもカード一つも発表せずにチケットの一斉発売が開始されましたが、有り得ないでしょう、PRIDEの時代ならともかく。日本のファンは優しい(甘いと言ってもいいかもしれませんが・・・)から、それでもチケットを買って少しでも大晦日を盛り上げようとしてくれる人はいるでしょうが、そういったファンの優しさに付け込んでいるのも心底気に入りません。
加え今になって出てくるギャラの未払い問題・・・。

前述したとおり、やれんのか!の時は言うまでもなく、DREAM旗揚げ時にもPRIDEの遺産(コアなファン層etc)はまだ残っていました。それを諸々の問題でここまでぶっ壊したのは確実にFEGでしょう。これに関しどの部分に疑いどころがあるのか全くわかりません。PRIDE消滅に関しては(自分の中では)憶測の範囲を出ませんからFEGを責めるのはお門違いかと思いますけどね。

云十億の赤字は自業自得ですが、それに純粋に格闘技を楽しもうとしているファンを巻きこまないでほしい。頼むから総合から早く手を引いてほしいです。
2010年11年17日22:42/element

kazuuto21さん
>2003〜2007年の格闘バブルはリーマンバブルの中一般大衆を巻き込んだ流れでおきただけであって
2003-2006で行くと、日本の給与所得者一人当たりの給与額」は減り続けてますよ。確かにその時期は「いざなぎ越え」という景気拡大期でしたが、同時に「実感なき経済成長」とも呼ばれていたと思います。「輸出中心の景気拡大」で、輸出に重点を置く企業には、そういう影響合ったかと思いますが、かなりの国民には、関係なかったような気もしますね。給与自体が2003−2006で年々減ってますしねえ。
K-1がその時期バブルだったかどうかはよく憶えてませんが、PRIDEに関しては、コンテンツの質の良さとフジテレビのPR効果が相乗効果を生み一般人も巻き込んでいったように思いますね。
2010年11年17日23:50/nettaro

PRIDEとDREAMの両方を実券を買って観戦していますが、明らかに違うのはファンです。
会場組の質が完全に変わりました。
おそらく選手やジムのつながりで招待券で観戦している人間が増えました。試合を見ないで大声で話ばかりしたり酒を飲んで酔っ払って野次を飛ばしたり。先入観はいけないと思って帰りの電車で偶然にそのグループがチケットの半券を出して話しているのを見たのですが、やはり招待券でした。おそろいのTシャツを着ていましたけどね。DREAMが始まってからこの光景をホントよく見かけます。

ピストンさんぐらいのお方になるとおそらく招待券だって貰えると思うのに実券でVIPを買って観戦していたというのはホントにファンの鏡だと思いますよ。

2010年11年18日00:33/レイ

kazuuto21さん

いやいや,そんなことはないでしょう。
海外に頼ったら終わりでしょう。現に低俗シナ人は
売名行為をしただけだし。
今は一つの興行で5000万円のスポンサーは難しいでしょう
しかし,一つの興行で300万円なら間違いなくいます(笑)
そういう会社を15社開拓する。地道で険しいけど,そういう努力をしなくてはいけないですよ
それケイワンさんはないんです。結局テレビとそれに付属するいわゆる,冠スポンサー一社に頼っているんですよね。
2010年11年18日02:11/ピストン

レイさん

私は最近,会場行っていないですよ(笑)
2010年11年18日02:12/ピストン

elementさん

HEROSのみを嫌悪するのは確かにおかしいですが、FEGに怒りの矛先を向けるのってなんら間違ってませんよね?自分はPRIDE消滅後にここまで日本格闘技界が落ち込んだのは、FEGの所為だと思います。
やれんのか!開催の段階では、まだ日本の格闘技ファンは死んでなかったし、DREAM.1の時は、まだ観客に熱があったように思えます。それは多くの人が、DREAMをやれんのか!やPRIDEの延長として捉えていたからかもしれませんが、初期の段階ではそれなりに希望があったのも事実だと思います。
そういう時期に比べてファンが減ったのは、決して興行、選手の質云々の部分だけに問題があるのではなく、

上記に関してはそのとおりだと思います。

FEGが全くファンの方を見ようとしないことに原因があると思います。言いかえれば、お金を直接落としてくれるファンを大切にしないってことでしょうか。

ここに関しては自分は微妙な感じだと思います
どの辺りがファンを大事にしていてないのかがどうしてそう思うのか教えて欲しいです。
自分はFEGが好きな訳でもなんでもないのですがただ自分的にはPRIDE崩壊後やれんのかで大同団結しDREAMを
誕生させたのはリアル&FEGの功績でもあると思います
逆にここまで続けてもらってありがたいって目線でいますので擁護してるかもしれません
仮にDREAM誕生せず戦極のみだった場合自分は間違いなく格闘技見てなかったと思います。
やれんのか以降夢の続きをDREAMに今も託しているも事実です結果論FEGがファンを裏切ってるかもしれませんそう思う部分もありますけども今批判してもどうにもならない状況だと思います負のスパイラルになってしまっていますが仮にFEG以外があの状況でDREAMを発足出来たでしょうか?僕はそういう思いがあるのでなんとか再興してもらいたい気持ちでいっぱいです

nettaroさん

実感なき経済成長=バブルですよね
自分はその真っ只中にいたのでよくわかります
実体経済の成長や給与所得者の収入が上昇云々は余り関係ないからバブルな訳であってその中でK1やPRIDEは
一大格闘ブーム起こしたのではないですかね
当時のPRIDEは間違いなく今のUFCなんかよりよっぽど
熱がありましたよね、でもあれってフジテレビのなせる業!フジも当時は資金力ありましたその恩恵でK1もDSEもファイトマネー捻出出来たんでしょうタラレバで話してもしょうがないですが2007年のフジテレビ撤退がなくても現状のK1のようにPRIDE縮小の道を辿ったと思います、UFCがこれだけ強大になった時DSEでも太刀打ち出来ないでしょうファイトマネーの高騰と引き抜き合戦でUFCにはどっちにしても大敗ですよ

正直海外ファンドが引き起こしたミニバブルの中で景気良いなんて思った人の方が少ないでしょうがこれもまた事実ですよね

でもここの人達からは熱が感じられるのでなんとかこの熱を日本のMMAに反映出来ればと思う今日この頃です
ピストンさんなんとかお願いします(笑)
2010年11年18日02:17/kazuuto21

連投すいません

今は一つの興行で5000万円のスポンサーは難しいでしょう
しかし,一つの興行で300万円なら間違いなくいます(笑)
そういう会社を15社開拓する。地道で険しいけど,そういう努力をしなくてはいけないですよ
それケイワンさんはないんです。結局テレビとそれに付属するいわゆる,冠スポンサー一社に頼っているんですよね。

なるほどそういう事もあるんですね、確かにおっしゃるとおりでピストンさんが前から言っておられるFEGのビジネスモデルは限界なんですね5000万は出せないけど300万なら出資出来る企業はまだまだありますよね
僕の会社は無理ですがピストンさんの会社で一丁どうですか?(笑)
2010年11年18日02:20/kazuuto21

kazuuto21さん

300万円ぐらいであれば(笑)
それにはfeg抜きという条件ですがね(笑)
2010年11年18日14:14/ピストン

ピストンさん
今後FEGが運営出来なくなった場合現実問題でDREAMは
終了でしょうか?もしくはちょっと違うかもしれませんがPRIDEがKRSからDSEに運営母体変更したみたいになんとか生き残る可能性はあるんでしょうか?
2010年11年18日16:09/kazuuto21

横から失礼致します。

FEGにも当然責任がありますが、
やはり1番の元凶はTBSだと思います。

私はPRIDEを打ち切ったフジテレビを今でも憎んでいますし、
いまだにあの頃を思い出してたられば話をすることもあります。

ただ今年の日本シリーズもそうですが、
フジのスポーツ番組はやっぱり面白いし熱くなれます。

再興の1番のキーは『やれんのか』でも『榊原さん』でもなくフジテレビな気がします。

2010年11年18日18:19/ガチャピ

ピストンさん

>私は最近,会場行っていないですよ(笑)
むむむ〜残念です(笑)
しかし今までのピストンさんの貢献度で恐ろしいくらいのお釣りがくるほどだと思っております。
2010年11年18日22:39/レイ

前ページ次ページ12345678910111213
14151617181920212223242526
27282930313233343536373839
40414243444546474849505152
53545556575859606162636465
66676869707172737475767778
79808182838485868788899091
9293949596979899100101102103104
105106107108109110111112113114115116117
118119120121122123124125126127128129130
131132133134135136137138139140141142143
144145146147148149150151152153154155156
157158159160161162163164165166167168169
170171172173174175176177178179180181182
183184185186187188189190191192193194195
196197198199200201202203204205206207208
209210211212213214215216217218219220221
222223224225226227228229230231232233234
235236237238239240241242243244245246247
248249250251252253254255256257258259260
261262263264265266267268269270271272273
274275276277278279280281282283284285286
|287|288289290291292293294295296297298299
300301302303304305306307308309310311312
313314315316317318319320321322323324325
326327328329330331332333334335336337338
339340341342343344345346347348349350351
352353354355356357358359360361362363364
365366367368369370371372373374375376377
378379380381382383384385386387388389390
391392393394395396397398399400401402403
404405406407408409410411412413414415416
417418419420421422423424425426427428429
430431432433434435436437438439440441442
443444445446447448449450451452453454455
456457458459460461462463464465466467468
469470471472473474475476477478479480481
482483484485486487488489490491492493494
495496497498499500501502503504505506507
508509510511512513514515516517518519520
521522523524525526527528529530531532533
534535536537538539540541542543544545546
547548549550551552553554555556557558559
560561562563564565566567568569570571572
573574575576577578579580581582583584585
586587588589590591592593594595596597598
599600601602603604605606607608609610611
612613614615616617618619620621622623624
625626627628629630631632633634635636637
638639640641642643644645646647648649650
651652653654655656657658659660661662663
664665666667668669670671672673674675676
677678679680681682683684685686687688689
690691692693694695696697698699
過去の記事
2017年08月(2)
2017年07月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(1)
2017年02月(4)
2017年01月(2)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(1)
2016年09月(1)
2016年08月(1)
2016年07月(4)
2016年06月(1)
2016年05月(3)
2016年04月(5)
2016年03月(3)
2016年02月(3)
2016年01月(6)
2015年12月(4)
2015年11月(6)
2015年10月(6)
2015年09月(3)
2015年08月(1)
2015年07月(2)
2015年05月(1)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2013年10月(2)
2013年09月(3)
2013年04月(1)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(5)
2012年11月(8)
2012年10月(9)
2012年09月(5)
2012年08月(7)
2012年07月(7)
2012年06月(7)
2012年05月(7)
2012年04月(6)
2012年03月(11)
2012年02月(14)
2012年01月(6)
2011年12月(8)
2011年11月(4)
2011年10月(6)
2011年09月(10)
2011年08月(14)
2011年07月(9)
2011年06月(8)
2011年05月(7)
2011年04月(9)
2011年03月(4)
2011年02月(9)
2011年01月(4)
2010年12月(8)
2010年11月(5)
2010年10月(5)
2010年09月(10)
2010年08月(9)
2010年07月(6)
2010年06月(10)
2010年05月(8)
2010年04月(13)
2010年03月(11)
2010年02月(11)
2010年01月(11)
2009年12月(9)
2009年11月(13)
2009年10月(19)
2009年09月(8)
2009年08月(7)
2009年07月(8)
2009年06月(11)
2009年05月(17)
2009年04月(12)
2009年03月(14)
2009年02月(14)
2009年01月(17)
2008年12月(14)
2008年11月(13)
2008年10月(10)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(16)
2008年06月(13)
2008年05月(11)
2008年04月(10)
2008年03月(8)
2008年02月(9)
2008年01月(6)
2007年12月(6)
2007年11月(15)
2007年10月(5)