ブログ




2017年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の記事
RIZIN 総括
来年はタイトル路線?
来年はライト級GP?五味,青木復帰を願う
日本をなめるな 北朝鮮とUFC
UFCアラート
忠臣 川尻達也
コナー戦に想う
残り1枠はミルコクロコップ
日本を舐めるな UFC
総括
明日驚愕のサプライズ

『日本のファンに質問』
2012年03月17日(土)
最近ですね・・・ufc のエージェントの人と毎日のように話し,たり,メールは一日に20回は返しています
そこで日本のファンでは考えられないようなことも多々ありませ
スポンサーショップは選手の価値だと思うんです。まあ,メインかタイトルかとかは別にしても,その選手の今の価格というか常識というか,そういうものがありますよね?アメリカではユライヤって凄いらしいんですよ。jjと同一ぐらいのランクだとか。それとクルーズとかもいいらしいんです。ヴァンダレイよりも扱いは上とか。へえッーって感じなんですが・・
私的には70キロ以下は格闘技者ねえたいな感じでいまでせ思っているし,エドガーを理解するのがいっぱいで,アルドでも厳しいのにバンタムとかフェザーなんてどうでもいいんですが,ここの皆さんはどう思います?私,ぶっちゃけ,クルーズ対ユライヤみるぐらいならタンクアボットとキモの全盛期のが100倍面白いと思うんですが・・
Posted at 01:23/ この記事へコメントを書込む

更新お疲れ様です!
しかしスポンサーでの人気関係って複雑なんですねぇ・・・
強さも加味されるのでしょうが、キャラクターの受け具合ってところでしょうか?日本ではTVに出てそこそこしゃべれてキャラ立ちした選手が人気があったりと、そういう感じなのでしょうか?
アメリカで試合以外でどういう感じで露出しているかというのも興味があります。TVで相撲とったりするような番組ってあるのでしょうか?(笑)

趣味レベルですが格闘技をやっている身としてはどの階級も動きを見るのは勉強になるので、単なる個人的見解としてはどの階級も面白く見れます。逆に普通の体格のセオリーが通用しないような何が起こるかわからないヘビー級の試合は、視点が格闘技者ではなく一般格闘技ファンとしてみてしまいます。ということはやはり一般の方はそういうことなのでしょうか?
タンクアボットやキモの試合はやっぱり見たくなると思いますよ。まだ異種格闘技の臭いもしますし、わかりやすい試合をすると思います。
そういえば軽い階級がたくさん出る大会を見に行ったときに、ふとなんとなく「この大会にヘビーの試合が一試合でもあればいいのに」と思ったことがあります。
以前会長が「日本の格闘技の源流はプロレス」だと仰ったことを思い出しました。やはりこの言葉に尽きるのではないでしょうか?
2012年03年17日01:39/最強サンビスト

更新お疲れ様です。
>アメリカではユライヤって凄いらしいんですよ。jjと同一ぐらいのランクだとか。
それは驚愕の事実ですね。個人的には「ユライヤとJJが同一」なんてありえません!
ドミニクとヴァンダレイは、ヴァンダレイが負けすぎたというのもあるでしょうねえ。あとはアメリカ人とブラジル人の違いもあるような。アメリカ人、メキシカン、カナダ人で白人系がアメリカでは、より付加価値が高いみたいですね。黒人やブラジル人は、そこまで与えられないとか。何かで読んだ記憶が。アメリカでのPPVの件数に影響してくるんでしょうが。
>私,ぶっちゃけ,クルーズ対ユライヤみるぐらいならタンクアボットとキモの全盛期のが100倍面白いと思うんですが・・
この意見は全面的に同意です。
>バンタムとかフェザーなんてどうでもいいんですが
日本人が将来的に勝てそうな階級だと思うんで、どうでもいいということはないんですが、外国人同士の対戦だと、重い階級の方がみたいですね。
個人的には、PRIDE時代を少し変えて、ヘビーと−93とでたまアリかドーム。武士道が、−83、−73、プラス−63で有明クラス。階級分けはこれぐらいでいいと思います。
話がそれましたが、基本的には重い階級の方がみたいですね。


2012年03年17日09:32/nettaro

お疲れ様です。

確かに重い階級の方が迫力はあるし見てて面白いと思います。フライ対高山のどつきあいは今でも鮮明に覚えてる位です。私もプロレスファンでしたので数年前までは軽い階級は見てもいませんでした。

ですが今はバンタム、フェザー、ライトなど軽い階級も楽しんで見てます。各階級の特徴と言うか面白さもあると思います。どの階級でもそうですがタイトルマッチや前哨戦は特に楽しんで見てます。

各階級のトップどころの凌ぎを削る戦いには私的には今のところ軽いも重いも無い感じですね。
あくまでもUFCでの意見です。
2012年03年17日11:41/ヒョードリア

更新お疲れ様です。

パンチのスピード、ポジションの取り合いを魅せてくれるハイレベルな試合は、軽くても大歓迎です。
しかし、上記は金網だと楽しみづらいし、選手もやりづらいのかな?と感じてます。

重ければ重いほど、迫力がり常人離れしてますので、重量級は、イベントの主であって欲しいですね。
2012年03年17日16:14/流星

やはり燃えるのはミドル以上ですね!
2012年03年17日22:12/808

「柔よく剛を制す」で無差別が好きです。
でも体重差が大きいとやはり選手の命に関わるのが怖いですよね。

小さい選手が大きい選手に勝つというのがやはりトキメキます。
グレイシーがそうでした。
でもサクがそれを打ち破るグレイシー狩りはたまりませんでしたね。
それでもウェルターからライトヘビーの大きさがあったのでより面白かったんだと思います。
でかい方が楽しい!!!
2012年03年19日14:54/ぐっちょん

私の意見は、階級分けをしてもいいですが、あまり細かいのは面白くないですね。ですので、フェザーとバンダム、ライトヘビーはいりません。ウェルターもいらないかな?それと、無差別は作ってほしいですね。やはり夢があります。スポーツではなく格闘技をみたいです。
2012年03年21日08:20/美味学

軽量級はそれなりに面白いとは思いますが、やはり重量級の闘いには敵わないと個人的に思います。
軽量級のスピード感というのはあるのでしょうが、重量級は迫力はあるし、緊張感が全く違うと思います。
仮に私がユライヤとJJのスポンサーどっちかやるとしたら迷うことなくJJですね。
2012年03年21日22:47/lovelike

ピストンさん、お疲れ様です。

60億分の1を決める戦いが見たいの一言に尽きます!
2012年03年24日15:23/柔道家

前ページ次ページ12345678910111213
14151617181920212223242526
27282930313233343536373839
40414243444546474849505152
53545556575859606162636465
66676869707172737475767778
79808182838485868788899091
9293949596979899100101102103104
105106107108109110111112113114115116117
118119120121122123124125126127128129130
131132133134135136137138139140141142143
144145146147148149150151152153154155156
157158159160161|162|163164165166167168169
170171172173174175176177178179180181182
183184185186187188189190191192193194195
196197198199200201202203204205206207208
209210211212213214215216217218219220221
222223224225226227228229230231232233234
235236237238239240241242243244245246247
248249250251252253254255256257258259260
261262263264265266267268269270271272273
274275276277278279280281282283284285286
287288289290291292293294295296297298299
300301302303304305306307308309310311312
313314315316317318319320321322323324325
326327328329330331332333334335336337338
339340341342343344345346347348349350351
352353354355356357358359360361362363364
365366367368369370371372373374375376377
378379380381382383384385386387388389390
391392393394395396397398399400401402403
404405406407408409410411412413414415416
417418419420421422423424425426427428429
430431432433434435436437438439440441442
443444445446447448449450451452453454455
456457458459460461462463464465466467468
469470471472473474475476477478479480481
482483484485486487488489490491492493494
495496497498499500501502503504505506507
508509510511512513514515516517518519520
521522523524525526527528529530531532533
534535536537538539540541542543544545546
547548549550551552553554555556557558559
560561562563564565566567568569570571572
573574575576577578579580581582583584585
586587588589590591592593594595596597598
599600601602603604605606607608609610611
612613614615616617618619620621622623624
625626627628629630631632633634635636637
638639640641642643644645646647648649650
651652653654655656657658659660661662663
664665666667668669670671672673674675676
677678679680681682683684685686687688689
690691692693694695696697698699700701702
703704705706
過去の記事
2017年10月(2)
2017年09月(4)
2017年08月(3)
2017年07月(4)
2017年04月(4)
2017年03月(1)
2017年02月(4)
2017年01月(2)
2016年12月(4)
2016年11月(4)
2016年10月(1)
2016年09月(1)
2016年08月(1)
2016年07月(4)
2016年06月(1)
2016年05月(3)
2016年04月(5)
2016年03月(3)
2016年02月(3)
2016年01月(6)
2015年12月(4)
2015年11月(6)
2015年10月(6)
2015年09月(3)
2015年08月(1)
2015年07月(2)
2015年05月(1)
2014年07月(1)
2014年05月(1)
2013年10月(2)
2013年09月(3)
2013年04月(1)
2013年03月(3)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(5)
2012年11月(8)
2012年10月(9)
2012年09月(5)
2012年08月(7)
2012年07月(7)
2012年06月(7)
2012年05月(7)
2012年04月(6)
2012年03月(11)
2012年02月(14)
2012年01月(6)
2011年12月(8)
2011年11月(4)
2011年10月(6)
2011年09月(10)
2011年08月(14)
2011年07月(9)
2011年06月(8)
2011年05月(7)
2011年04月(9)
2011年03月(4)
2011年02月(9)
2011年01月(4)
2010年12月(8)
2010年11月(5)
2010年10月(5)
2010年09月(10)
2010年08月(9)
2010年07月(6)
2010年06月(10)
2010年05月(8)
2010年04月(13)
2010年03月(11)
2010年02月(11)
2010年01月(11)
2009年12月(9)
2009年11月(13)
2009年10月(19)
2009年09月(8)
2009年08月(7)
2009年07月(8)
2009年06月(11)
2009年05月(17)
2009年04月(12)
2009年03月(14)
2009年02月(14)
2009年01月(17)
2008年12月(14)
2008年11月(13)
2008年10月(10)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(16)
2008年06月(13)
2008年05月(11)
2008年04月(10)
2008年03月(8)
2008年02月(9)
2008年01月(6)
2007年12月(6)
2007年11月(15)
2007年10月(5)